赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:六本木 ( 13 ) タグの人気記事

3年ぶりの日本のモダンアートの祭典六本木クロッシング2010 は規模が小さくなり、ダムタイプや森村など有名どころをフューチャーした保守的な展覧会。 村上風のアニメっぽいのはさすがに減り、明るく大胆な2歳の娘にも楽しめる作品群が線の細いジャパニーズアートから海外でも勝負できる大人のアートへの変化を表現していました。
f0096206_22265772.jpg
森村の関西弁のヒットラーにはジュニも笑っていましたが、パパが思わず口元を緩めてしまったのが相川勝のCD視聴コーナー。 全て手書きのロックの名盤が並べられた小さなコーナーでは、これまた手書きのライナーノーツと視聴機ではアカペラで本人が吹き込んだ歌が聴けるという手の凝り様。
f0096206_22305567.jpg
森美術館得意のこれ見よがしなパブリックアートも身を潜めた展覧会では他にも力強く明快なアーチストの才能を観ることができ久しぶりに想像力を湧きたてられる時間を過ごしました。
[PR]
by yesquire | 2010-04-13 22:35 | art / fashion
六本木ヒルズに寄った後のランチはカジュアルなフレンチで早朝から営業しているLauderdale(ローダーデール)に。 予約するレストランになっていて予想外でしたが、外人さんの多さに「この辺にこの手のお店ないもんね」と嫁さんと納得。 店内はさほど広くないけれどテラスがちょうど桜の真ん前で雰囲気最高、店員さんもテキパキして感じが良く当然ファミリー対応(子供用のクッションやカトラリー)で大満足でした。
f0096206_22544965.jpg
Beacon(ビーコン)をソフトにした六本木ヴァージョンの週末のメニューはオムレツやハンバーガー。 サイドデッシュが選べる嬉しいブランチで、嫁さんは好物の鴨のコンフィ、私はバジルのオムレツに。 息子は静かにパパの胸で熟睡、娘は好きな「ポテフライ」もつまみ、パンにバターを塗って美味しそうに食べていました。 
[PR]
by yesquire | 2010-04-09 23:04 | 六本木

Union Square Tokyo 六本木

いつもの週末は檜町公園で一通り遊んで帰るだけですが、「お腹がすいた!!!」と叫ぶジュニを連れてランチは1年ぶりにUnion Square Tokyoへ。 お洒落だけど子供に優しいレストランという印象は家族連れが多く、キッズプレートがあることでより確かになっていました。 ママのパスタとパパの黒豚のグリルも美味しいかったですが、一番コストパフォーマンスも高くバラエティな内容だったのがジュニの一皿でした。
f0096206_21504614.jpg
カリカリのポテトは半分くらい両親の胃袋に収まりましたが、トマトベースのマカロニ、ふっくらしたキッシュと海老フライに娘も大満足。 さらにハンバーガーはお店の代表作の子供用、グリルのいい香りがする一品でジュニより我々が大興奮でした。 量も十分なキッズプレートを食べながらジュニはママの膝で寝てしまい、そのまま秋の晴天の下を歩いて帰りました。
[PR]
by yesquire | 2009-09-20 22:17 | 赤坂
久しぶりの旦那の両親との食事に選んだのはミッドタウンの中華SILIN火龍園。 満開の桜がワイドオープンな窓に飛び込んで来るようなロケーションでのランチでした。 子供も安心のソファ席に座り、選んだのはお値頃なコースでしたが大変な品数とゴージャスで味わったことのない食事に大満足、ついつい写真に記録することも忘れてしまいました。
f0096206_21254467.jpg
海老の湯引きから始まったコースにお勧めのXO醤を添えて蒸した牡蠣、野菜たっぷりの広州風炊き込みスープ、帆立と続いて麺かチャーハンのチョイスにさすがの大人達も満腹でした。 お話するようになった(ジュニ語ですが)孫に両親も興奮していましたが、元気にいろいろ食べる姿にも安心したようでした。 
[PR]
by yesquire | 2009-04-07 21:47 | food
子連れヨガで知り合ったママ友+ベビーの5組で、グランドハイアット東京のフレンチキッチンにてクリスマスランチをすることに。

産院で知り合ったわけではないのに4組のベビーの生まれた日が6月18日・20日・22日・24日の2日違いで、しかもベビー5人女の子でとっても華やか。

個室のお陰で周りを気にすることなくママは美味しいランチに子供の話で盛り上がり、ベビーは広い個室の中を自由に歩き回っていました。

f0096206_1819564.jpg

[PR]
by yesquire | 2008-12-28 18:38 | baby
夏服を探してもいましたが、六本木ヒルズに行った訳はタオルショップのTOUCH(タッチ)のスタイを買いに行くことでした。 偶然見つけた小さなベビー用のよだれかけは、シンプルな模様と純白で少々小ぶりな形がママのお気に入り。
f0096206_21352132.jpg
すぐに汚れてしまうスタイなので今回は3枚もおとり置きしてました。 古くなったバスタオルがあったので気持ちよさそうで手頃なバスタオルも購入。 汗っかきのジュニは朝もシャワーを浴びるようになったのでタオルのローテーションも大変です。
[PR]
by yesquire | 2008-05-26 21:45 | baby
ファミリー向けの店を充実させて改装した六本木ヒルズへ。 子供のいる家族用の休憩室の近くには子供服などの専門店が集まって見やすくなりました。 夏服を探しにHakka Kids(ハッカキッズ)に行くと、隣におしゃれでベビーもOKなカフェができており、早速お邪魔してきました。
f0096206_11391355.jpg
Cafe R(カフェアール)はハイチェアもキッズメニューもあるし、パーティー用のスペースまである至れり尽くせりのお店。 大人のランチはビュッフェとメインのお得なコースで、コストパフォーマンスもママ納得でした。
f0096206_1142641.jpg
ちょうど12時頃だったのでベビーカーに赤ちゃんを乗せた家族や、小さなオコチャマで店内はあっという間ににぎやかに。 子供好きな店員さんの対応も良く、嫁さんは平日にも来ようかしらと言ってました。
f0096206_11461384.jpg
観光客が減ったヒルズは平日の集客に「子供連れに期待して当然だよねー」とか話ながら、嫁さんはパスタ、旦那はカレーでお腹をいっぱいにし、デザートのプリンとおかわり自由なコーヒーと大満足なランチでした。
[PR]
by yesquire | 2008-05-25 11:50 | baby
連続してモダンアートの良質の展覧会を堂々とやられるとこちらがモジモジしがちですが、期待を裏切らないシマリのある展覧会が森美術館の「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」でした。 80年代から現代までの受賞者の作品が少なくとも一つは展示されており、今更ですがダミアン・ハーストのホルマリン漬や、ギルバート&ジョージの壮大でカラフルな作品を仰ぎ見たりで充実の時間。 特にティルマンズはその作風がセンセーショナルだったので展示方法もテートギャラリーっぽくて良かったです。
f0096206_7585626.jpg
残念なのは受賞作品を代り映えのない展示スペースに陳列しているだけなので、作品が無機質で軽く通り過ぎてしまいがちな陳列方法でしょうか。 センセーショナルな作品を中心に収集しているサーチ・ギャラリーとの対極でターナー・プライズは全体的に正統派のアーチストを選んでいるとの印象を持ちました。

f0096206_854412.jpgこの展覧会を入門編として小中学生や美術に興味のある若い人が観てますます現代美術の裾野が広がればいいなと思いました。 我が家のジュニも一緒でしたが、ハーストの牛さんに「あっ!」と声をあげて反応しているところが微笑ましかったです。 

帰りにお気に入りのスタイを買いに行ったら人気だったのか売り切れでした。
[PR]
by yesquire | 2008-04-29 08:11 | art / fashion
車で行けて赤ちゃんOKのレストランでランチをと考えグランドハイアットのThe Oak Door(オークドア)へ。 平日にビジネスで利用することが多いので開放的な週末の雰囲気と時間をかけて用意されるテーブルクロス同様ピシッと糊のきいたサービスに感心しました。
f0096206_2242916.jpg
ランチのコースを選び、嫁さんはレタスにクラブ・タルタルソースとお魚、私はスピナッチとベーコンのサラダと豚のグリルでした。
f0096206_2265188.jpg
ジュニは子ども用の椅子に腰掛けられるようになったので店員さんに愛想降りまきながら大興奮の様子。 我々夫婦は大きな窯で焼かれたメインディッシュに舌鼓でした。 これも土曜だからでしょうか、隣の席に外国の7か月の女の子がおりジュニと無言の交流をしていました。
[PR]
by yesquire | 2008-04-01 22:19 | food

Union Square Tokyo 六本木

予約がとれたので私の誕生日祝いに東京ミッドタウンのUnion Square Tokyoへ。 通された席のベンチシートは赤ちゃんを寝かせられる程大きく、もちろんベビーカーもOKでした。
f0096206_23595393.jpg
カジュアルなコースを選んだ嫁さんの前菜はカルパッチョ。 ここは地元ニューヨークのハンバーガーが有名らしく皆さんほうばっていました。
f0096206_011958.jpg
お勧めのパスタはカニだったんですが、斬新な盛り付けとその味に感心しました。 また、迅速で親しみのあるサービスは多くのレストランを抱える経営母体の管理が優れていると感じました。
f0096206_043412.jpg
主賓のメインはステーキ。 スモークして熟成したものをグリルするのがアメリカ流だそうで、柔らかくて贅沢な肉に胃も心も満足させてもらいました。 天井が高く、モダンなお店の雰囲気も妙にNYを意識している訳でもなく、ミッドタウンの1Fというロケーションを生かした作りになっており、再度訪問いしたくなるいいレストランでした。

評価は☆☆☆☆★。 店員が子供連れに慣れているのも頼もしかったです。
[PR]
by yesquire | 2008-01-20 00:09 | food