赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
できれば美術館で見たかったフェルメール展。 開館時間ですでに列はしょうがないけど、見透かしたように名フレンチシェフの限定お菓子コーナーがあり、早速めったにない企画展の低俗な一面を露呈していました。
f0096206_21341949.jpg
子供連れだったので他の作家は飛ばして夫婦初めてのフェルメールに感動。 本や映像で触れてはいたもの、本物の絵画には溜息しかでませんでした。 ジュニにもよーく見せようと思って抱えてるうちにこっちが見入ってしまい、「すごい」と見惚れている始末。 滅多に鑑賞できない名作に大満足でした。

しかし、曲りくねった展示方法と、首をかしげたくなる展示場所、圧迫感のある天井、非常識な非常階段とその先にあるフェルメールをコピーした商品の数々。 絵を見た純粋な感動を失望に変える展示場にはヘキヘキします。 小学校時代に自分の絵が飾られたので許してやりたい気もしますが...。

個人的には「手紙を書く婦人と召使」の抑えた色彩と繊細な表情が気に入りました。 我が子も大きくなったら是非本物をじっくり鑑賞できる美術館で見てもらいたいです。
[PR]
by yesquire | 2008-11-06 21:39 | art / fashion

国立科学博物館

週末は嫁さんのアイデアで私がそれこそ幼少時代に通っていた国立科学博物館へ。 お爺ちゃんと待ち合わせしたんですが、メインの荘厳な入口ではなく地下から入場するのにまずびっくり。
f0096206_23323152.jpg
入ってみれば今まで恐竜や原始人にワクワクしていた1Fは日本館になっており、動物も飛行機も地球館にある始末で、かなり迷ってしまいました。 平日学校さぼって行った時は剥製やホルマリン漬け見るだけで怖くなった記憶がありましたが、今の博物館は展示方法も見事。 特に世界の動物が一同に揃う(剥製ですが)展示室はジュニも絵でしか見たことのない動物達に感心していたようでした。 

大人の我々も説明文に時間をとられたり、観たことのない生き物や石に目を奪われ、子供よりも感動が深かった気がします。 帰りはお爺ちゃんにベビーカーを押してもらって上野駅でランチして帰りました。 その昔嫁さんも近寄れなかったミイラはありませんでした(涙)。
[PR]
by yesquire | 2008-10-20 23:38 | 下町

上野動物園

連休に上野動物園へ。 開園に合わせて久しぶりの上野公園に到着しましたが、ちょっと早くついたので懐かしい噴水で写真撮影。 ここは私が幼少の頃遊んでいた思い出深い場所で、当時の白黒の写真を我が子を撮影しながら思い出していました。
f0096206_22163867.jpg
上野も北海道の影響を受けたのか動物の見せ方に工夫をこらしており、特にゴリラとトラには嫁さんが大興奮していました。 昔は遠くでウロウロしたり昼寝している動物を見るだけでしたが、ガラス越しに毛穴が見えるくらい近よってくる猛獣に我々も感心、ジュニも興味深そうに見ていました。
f0096206_22203359.jpg
他の動物園と違い、動物の種類が豊富な上野動物園ではキリンやフラミンゴ、ペンギンからニシキヘビまでノアの方舟に乗った動物の代表はほとんど観れるのでは? 残念ながらパンダはおりませんでしたが...。
f0096206_2224567.jpg

国際カエル年だそうで、東京の生息地を報告する地図があり、うちのマンションのカエル君のために渋谷区にマークしてきました。
[PR]
by yesquire | 2008-07-24 22:30 | 下町