赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:セス・ローガン ( 5 ) タグの人気記事

現在ハリウッドで最も成功しているコメディ映画プロデューサーJudd Apatow(ジャド・アパトー)の最新作は脚本も映像も完成度を増し、私生活もハッピーと想像できる監督が撮りたかったであろう作品となったFunny People(ファニー・ピープル)
f0096206_20363379.jpg
スタンダップコメディの場面でギャグを惜しげもなく披露する一方病気になった有名コメディアンの葛藤を描き、ザ・コメディ的なお笑いと一線を画す映画は、Adam Sandler(アダム・サンドラー)演じるスターコメディアンが不治の病と診断される事からスタート。 売れない脚本家役のSeth Rogen(セス・ローガン)は偶然彼と出会って付き人兼脚本書きとなり、自らのセンスを磨きながらセレブの世界に迷いこみます。

弟子と師匠の関係、Jonah Hill(ジョナ・ヒル)やJason Schwartzman(ジェイソン・シュワルツマン)といったお馴染みの役者演じる若手コメディアンの日常と人気芸人の過去の女性などが絡んで真面目なコメディ映画は進展。 Leslie Mann(レスリー・マン)演じる軽快な昔の女に会う場面まではいいのですが、その後は話が長すぎファニーじゃなくなります。 登場人物は増え、病気は治るしで量の多すぎるフルコースを食べた後に山盛りのデザートな終盤。

本人のままのアダム・サンドラーと存在感薄いがやってしまった感が上手いピュアなセス・ローガンの2人は見ごたえがあり、比較的下ネタ抑制した映画の評価は☆☆☆★★。 
 
[PR]
by yesquire | 2010-01-04 21:18 | movie / tv
露出度の高い主演のSeth Rogen(セス・ローガン)に非難が集中したが、脚本・監督のJody Hill(ジョディ・ヒル)に責任の全てがある駄作コメディがObserve And Report(オブザーブ・アンド・レポート)
f0096206_1435277.jpg
主人公のモールコップが露出狂と強盗とコスメ売り場の美女に翻弄されるストーリーは陳腐でよくある展開。 変な同僚、心優しいコーヒーショップの店員と子離れしないママなど売れないコメディ映画に登場するキャラクター勢ぞろい、いつものセス・ローガンっぽいイカレたギャグもラインも無いので笑えません。 唯一モールのインド系店員との罵り合い(と言ってもファックューばかり)5分くらいが救いの時間でした。

Ray Liotta(レイ・リオッタ)とMichael Pena(マイケル・ペーニャ)が共演しても全く冴えない、久し振りにほとんど良いところが無い失敗作でした。
[PR]
by yesquire | 2009-10-31 14:01 | movie / tv
ルームメイトの2人Seth Rogen(セス・ローガン)とElizabeth Banks(エリザベス・バンクス)が金に困って安いポルノ映画を製作するKevin Smith(ケビン・スミス)監督のコメディがZack and Miri maka a porno(ザック・アンド・ミリ・メイク・ア・ポルノ)
f0096206_21165347.jpg
同窓会でアダルトビデオを売って儲けた話を聞いた二人がハンディで映画を撮影、スペースがなくなり勤務先のコーヒーショップで2人のセックスシーンを撮ることに。 ただのルームメイトだったはずが結ばれたことで火がつき、お互いを意識し最後は(それまではケビン・スミス節絶好調のシナリオだったのに)"I Love You"で締めくくられる映画。 

ラストシーンで流れた挿入歌"I Love You"は懐かしく思わず口ずさんでしまいましたが、良かったのはほぼそこだけ。 自らも認めるとおり監督はパーティでジョークを話しまくる大男なので脚本はさすがに秀でていましたが、先が読める展開とヒネリのない構成に途中で飽きしまいました。

評価は☆★★★★。 F-word以外のキワドイ単語もイマイチついていけませんでした。
[PR]
by yesquire | 2009-06-11 21:29 | movie / tv
男の友情、銃撃戦、ドラッグ、忍者、大爆発と期待できる要素をかなり織り込み、前より大掛かりになってきたJudd Apatow(ジャド・アパトー)製作コメディがPineapple Express(スモーキング・ハイ)
f0096206_22533391.jpg
主演のSeth Rogen(セス・ローガン)は裁判所の召喚状を届ける仕事先で殺人事件に遭遇、吸っていたマリファナ-パイナップルエクスプレスから足がついて、売人のJames Franco(ジェームス・フランコ)と犯人の麻薬王から逃げる身に。 またしてもDanny McBride(ダニー・マクブライド)が怪演するおかしな仲買人も巻き込んで事態はどんどん悪くなり、アジア系の組織も絡んで話は大きく展開します。

2人でマリファナを吸いながら話すシーン、仲買人の部屋でのどんちゃん騒ぎ、女子高生のガールフレンドとの会話など、独特の笑いを呼ぶセス・ローガンの脚本は光ってました。 特にハイになった売人がマリファナを語るシーンで"like killing a unicorn"とか"It's like God's vagina"などよくR指定で済んだと思わせるトークが炸裂。 最後のバディトークも大袈裟すぎて笑えました。 マリファナが主題だし、翻訳も大変そうでコストかかるので日本ではDVDなんでしょう。 くだらない邦題はいつものこと。 評価は☆☆☆★★。
[PR]
by yesquire | 2009-02-09 23:26 | movie / tv
いけてない男とキャリアガールが偶然に出会い、数ヶ月後の妊娠検査薬の結果、最悪の事態に発展するコメディーがKnocked Up(無ケーカクの命中男/ノックトアップ)。 設定は古典的ですが、数箇所の爆笑、不安と暖かさが混ざった現代コメディの秀作でした。
f0096206_20305739.jpg
如何わしいサイト運営で一攫千金を夢見る主人公に製作兼任のSeth Rogan(セス・ローガン)。 相手は全米ネットE!の司会に抜擢された美人でGreys AnatomyのKatherine Heigl(キャサリン・ハイグル)がかなりキワどく演じます。 原作と監督が'The 40-Year-Old Virgin'(40歳の童貞男)のJudd Apatow(ジャド・アパトー)ですが、今回はコンパクトで観ていて安心する作品に仕上げました。
f0096206_20561915.jpg
あっとゆう間に妊娠して時間が過ぎますが、シリアスな話題は妊婦の姉夫婦が、ふざけたコメディは主人公の悪ガキ友達が提供するため意外と中身の濃いコメディとなりました。 最近出産を経験した我々にはつわりや出産のシーンなど親近感が強く親しみやすかったし、からっぽの宝石箱を渡してプロポーズする場面などロマンチックな部分もちょっと感動しました。 まさに超ハリウッド的な映画で大満足。

セックスにも愛にも非常に素直な二人が繰り広げる会話も新鮮で感心、シャープなのに観賞後はほのぼのするコメディの評価は嫁さんも納得の☆☆☆☆★でした。
[PR]
by yesquire | 2007-10-23 21:05 | movie / tv