赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:ジェフリー・ディーヴァー ( 4 ) タグの人気記事

今回は比較的シンプルな構成でおおがかりなツイストもなく終わったリンカーン・ライム物最新作が『ソウル・コレクター』。 妊娠中に早々と読んでしまった嫁さんは専門分野の話が多すぎるとの感想でしたが、詳細な他人の情報を最大限に利用して殺人犯に仕立て上げる知能犯が本作の敵。
f0096206_23491746.jpg
データ分析専門の会社が保有する個人情報はフィクションとは言え恐ろしい範囲に及び、ページが進むと自分の周囲が気になります。 ライムの従兄弟との過去、アメリアとの関係、それからデータ収集と管理に関する専門用語などわりとしっかりした本筋に絡むサイドストーリーが目立つのが今回の作品。 気が付けば大いにありうる個人情報の悪用が身近すぎて緊張感を沸騰させ、登場人物達の個性も目立たなくなっていたシリーズの最新作は科学捜査がポピュラーになりすぎて今後に不安を残す印象を残しました。 
[PR]
by yesquire | 2010-01-09 23:46 | book
リンカーン・ライム物ではない推理小説の重鎮の最新作は、人間の表情や動きから嘘や真実を導き出すキネクシス専門家キャサリン・ダンスが主人公。 「ウォッチメーカー」で脇役ながら鮮明な印象を残した女性捜査官が地元モントレーで脱獄したカルト凶悪犯人を追い詰めます。
f0096206_2227952.jpg
『スリーピング・ドール』とは一家殺害事件でベッドで寝ていたため助かった少女のこと。 17歳に成長した彼女の証言や、共犯の女性達、FBIのカルト犯罪専門官などクセのある登場人物と、嫁さんも「懐かしい」と語る西海岸のリゾート地の情景が上手く折り混ざった秀作です。 ダンス捜査官の家族や恋愛感なども散りばめられた構成はライム物ほどの緊張感とスピードはありませんが、お約束のどんでん返しや裏切り、あっと言わせる敏腕捜査官の腕前などはシリーズ以上の充実度を感じました。

女性が多く登場するし、モントレーやカーメルなどに詳しい嫁さんは本当に楽しめた一冊でした。
[PR]
by yesquire | 2008-11-02 22:41 | book
嫁さん待望のリンカーン・ライム最新作はシリーズ最強の敵が登場する『ウォッチメーカー』(The Cold Moon)。 殺人現場にアンティークの時計と詩を残す緻密かつ残忍な今回の犯人は、本来の目的を隠すために用意周到に様々な仕掛けを計画。 車椅子の元捜査官ライムとパートナーのサックス刑事がいつもより証拠の少ない現場の検証から犯人の意図をつきとめます。 

今回はサックスが警察内部の汚職を独自に調査していることからライムと息が合わず、代わりに尋問の専門家が目撃者や犯人から捜査に重要な事実を引き出します。
f0096206_22435296.jpg
というわけで科学捜査で事件解決という構図に作者が飽きてきたのか、CSIが人気だからか、証拠品からあっと言わせる推理や犯人先回りといういつものツイストが今回はあまり目立ちません。 むしろ印象に残ったのは細かい動きや反応で嘘や隠し事を暴く「キネクシス」専門のダンス捜査官の方でした。

ま、それでも嫁さんは育児の空いた時間に2日くらいで、旦那の私は出張の合間で4日の計1週間で2人で読んでしまいました。 事件の終わりは納得いかない本作の評価は☆☆★★★。 
[PR]
by yesquire | 2007-11-13 22:48 | book
食欲よりも読書の秋が続くようです。 『12番目のカード』は夫婦そろって大ファンのJeffery Deaver(ジェフリー・ディーバー)最新作です。 車イスの元科学捜査官リンカーン・ライム、すっかり恋人になったアメリア・サックスとその仲間が南北戦争後の開放奴隷と何故か狙われるその子孫の事件を解決していくストーリー。 ジェニーヴァというティーンを狙う犯人の策略や彼女本人の環境などお得意の「どんでん返し」は我々を驚かせます。
f0096206_21302022.jpg
シリーズには辛辣で頑固なライムが、四肢の不自由な自分を初めて目にする相手の行動について語る場面が必ずあるのですが、読む度に障害のある方を見かける時に考えさせられるなーと自問してページをめくるスピードが鈍ります。

ジェフリー・ディーヴァーも早く次の作品が日本語訳されないかなーと首を長くして待つ作家の1人です。

週末は可愛い姪達に会って元気をもらいました。
[PR]
by yesquire | 2006-12-03 21:40 | book