赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:イタリアン ( 23 ) タグの人気記事

ソルレヴァンテ 表参道

久しぶりに表参道にランチと買い物へ。 引越してから間もないのに新規オープンや閉店したお店があり時間が経つのは早いなーと感じました。 昼食は子供連れで入れるイタリアンのソルレヴァンテへ。
f0096206_164019100.jpg
久しぶりでしたが相変わらずコストパフォーマンスの高いパスタランチに家族で舌鼓。 嫁さんが注文した春野菜のスパゲティの半分くらいはジュニの胃に納まっていたようです。 最近語彙が増えてきた娘は表現も豊かになり、「後でデザートくるよ」と囁くと椅子を蹴って大喜び。 メレンゲとクリームのこれも春らしい一皿をしっかり味わっていました。
f0096206_16484482.jpg
外のテラスでの楽しい食事の後は買い物に。 引越しで不便かけたので嫁さんのショッピングのお供しました。 ユナアロでは奥様は試着、娘と父は試聴。 しばらくすると「ママ、がっこ(抱っこ)」と甘えるので女子2人で一緒に試着室に入ってもらいました(汗)。 
[PR]
by yesquire | 2009-04-04 16:56 | 表参道
嫁さんの誕生日祝は家族3人で食事ができるところを選んで恵比寿のポルセッコに。 ジュニを連れて行けるお店が限られていた中で半個室のようなスペースが予約できたし、嫁さんも久し振りだったので歴史のあるイタリアンにしました。

お店の入口はちょっと以前と「雰囲気違うなー」という嫁さんの一言。 年末のパーティシーズンには好都合な大きなテラスが1階にありダイニングは2階です。 ディナーは2つのコースに分かれており、前菜やパスタはメニューから選ぶタイプ。 リゾットとパスタを2人でとってジュニと一緒に食べました。
f0096206_22293891.jpg
残念だったのは魚のチョイスが一つも残っていなかったこと。 これではメニューに載せている意味がございません。 店員のサービスがファミリーのお客に慣れているので好感触だっただけにもったいない(泣)。 

1年に1度しかない誕生日のお祝いを家族3人で迎えられることはとてもハッピーです。 来年も3人でお祝しようねーと言いながら帰宅しました。
[PR]
by yesquire | 2009-01-02 22:37 | food
嫁さんが妊婦時代から利用している比較的カジュアルで美味しいイタリアンが旧紀伊国屋裏のSol Levante(ソル・レバンテ)。 テラスを抜けた入口にドルチェの大きなケースが待ち構える珍しい店舗は、落ち着いた雰囲気と上質なサービスでいつ行っても期待を裏切らないレストランです。 もちろん赤ちゃん連れでも問題ないので嫁さんはママ友を誘ってランチしたりしている模様。
f0096206_22232665.jpg
もちろんテイクアウト用のドルチェも充実していますが、ランチのコースは冷たいスープに始まり、前菜を加えてメインはパスタかリゾットのチョイス。 最後にたっぷりドルチェが付く贅沢な昼食にジュニを連れた我々はKO寸前でした。
f0096206_22303613.jpg
暑い日が続き、一家3人の寝室は寝苦しいので扇風機を購入しました。

  
[PR]
by yesquire | 2008-08-04 22:47 | 表参道
晴天の週末に友人のジョルジョがいるPiADiNA(ピアディーナ)へ。 初めて直面する彫刻のようなイタリアンの顔にジュニは最初大泣きでしたが、次第に女心をくすぐられたのか笑顔で対応していました。
f0096206_222947.jpg
ランチはパスタとピアディーナのお得なセット。 クリーム系のパスタがなんともいえず美味で、量も多くて大満足でした。 今度丸の内に進出するみたいで、お弁当難民のOLには朗報ではないでしょうか? 

楽しく会話して時間はどんどん過ぎて行きましたが、「最近の子供は『いただきます』言わないネ」なんてサラッと言われて「気をつけよう...。」と内心反省もしました。

 
[PR]
by yesquire | 2008-03-25 22:53 | food
予約の取れないイタリアンで有名なイル・ギオットーネに執念の30回目のコールでようやく予約し、昨年6月にジュニを産んで里帰りでお世話になったお礼と、初節句のお雛様を買って頂いたお礼を兼ねて私・嫁の両親を連れて行ってきました。
f0096206_2229650.jpg
シンプルな内装の個室は6人用ですが今回は4人+ベビーカーで広々と使うことができました。頂いたランチのコースは、
f0096206_22351023.jpg

あたたかいビーツのポタージュ・バニラ風味の泡と明石のアナゴのフリット添え
f0096206_22344662.jpg
やわらかなカリフラワーのパンナコッタ
f0096206_22404990.jpg
聖護院大根の含め煮・トリュフソース
大根の葉のソースとトリュフソースの色合いが抜群
フリットにした白魚と菜の花のバヴェッティーネ(リングイネ)
f0096206_22362287.jpg

熱々フォアグラとほうれん草のカッタラーナ
ちょっと風変わりな仔牛のサルティンボッカ ごろごろブロッコリーといっしょに
本日のドルチェより1品

なぜか急いで食べた仔牛のサルティンボッカを喉に詰まらせ死にそうになりましたが、全てのお料理に京野菜が主張し過ぎずに添えられていて、見た目も味も最高でした。

あまり多くの食材を使わないミニマリスト的なメニューは、東京イタリアンをより研ぎ澄ましたまさに整然とした京都の町並みのようなイタリアンでしょうか。評価は☆☆☆☆★。
[PR]
by yesquire | 2008-02-09 22:46 | 銀座・丸の内
ジュニを嫁さんの実家に残して夫婦で2007年最後のランチに。 選んだのは12月30日も営業していた新丸ビルのイル・カランドリーノでした。 昔から丸ビルよりおとなしい雰囲気があった新丸ビルは建て直しでより落ち着いた気がします。
f0096206_21252532.jpg
最近の商業ビルらしくこった構造のフロアーにあるイタリアンは店内もモダンで上品な造りです。 ランチはまずデザートのような軽い前菜3種類から。 久しぶりにイタリアのワインも手伝って滑らかに胃に収まって行きます。
f0096206_21305818.jpg
パスタは名物?らしいカルボナーラ。 嫁さんも「美味しい!」と「もっと食べたい」を連発しておりました。 
f0096206_21333458.jpg
私が選んだのは豚フィレ肉のソテー。 マッシュポテトにモッツァレラが加えてあるらしく、味だけでなく色も美味しい一皿でした。
f0096206_2136136.jpg
嫁さんが選んだ季節の野菜と甲烏賊の炒めは現地の「まかない風」にサーブされますが、オリーブオイルでさっぱり仕上げた上品な大人の味がしました。

サービスもテンポよくカトラリーなどのデザインもすっきりしており、最近の東京イタリアンに必要な要素は一つも欠けていません。 むしろイタリア人のシェフがここまで東京イタリアン的な料理を出すことに感心しました。 評価は☆☆☆☆★。

お店に入ってから新丸ビル地下で嫁さんが虜になっているクッキーを売ってるお店がイル・カランドリーノのドルチェショップだと店のロゴを見て気が付きました!
[PR]
by yesquire | 2008-01-10 21:57 | 銀座・丸の内
PiADiNA(ピアディーナ)でのクリスマスパーティーに呼ばれ、喜んで家族3人で出かけました。 ジュニを友人のジョルジオに紹介するのは初めてでした。
f0096206_2059251.jpg
大勢の招待客が集まったパーティーは最初から盛り上がります。 料理は贅沢な生ハムやサラダなどの前菜に続いてマグロ1匹のグリルや様々な色のパスタにビーフと大盤振る舞い。 オーナーのジョルジオの交友範囲とホスピタリティーを十分感じる夜でした。
f0096206_212586.jpg
その最もたる証拠がフリカケのようにポルチーニのパスタにかけられたトリィフ。 それと、ジュニにはプレゼントに可愛い服を頂きました。 お店の外に並べられたデザートは惜しくも試せなかったですが、楽しんで帰宅。 ジュニも同席した可愛い3姉妹のお子ちゃま達にかわるがわる抱かれて満足そうでした。

今朝は我が子のベッドにサンタさんからのプレゼントが!!! 目覚めて気が付いたジュニは美味しそうに紙袋をしゃぶっていました(笑)
 
[PR]
by yesquire | 2007-12-25 21:10 | food
天現寺の交差点にあるスタイリッシュなイタリアンANGOLO(アンゴロ)は最近のホテルのような雰囲気を持つヒップでクールなお店でした。 広い店内にはテラス席もあるようでしたが、車の多い外苑西通りの喧騒からは遮断され、サービスも程よく落着いた東京イタリアン。 妊婦と旦那の2人はアラカルトを選びました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>
モッツァレラチーズとフルーツトマト
おすすめチーズリゾット
じゃがいもと隠元のジェノベーゼ
イベリコ豚のグリル
木の実のタルトと濃厚バニラアイスクリーム
ティラミス
>>>>>>>>>>>>>>>>>
f0096206_2248120.jpg
嫁さん曰く「一般的なメニュー中心」の料理は可も無く不可も無いイタリアンなのでハズレにも大当たりにも遭遇しない気がしました。 場所柄ブリオ君やニキータ姫が集まりそうなので料理はこだわらない方が戦略的に良いと判断したのでしょうか。
f0096206_225174.jpg
頂いた中で唯一デザートのティラミスに特徴があり、これは女性には受けるかもしれません。 我々はもう機会がありませんが急に入った重要なデートで他にお店の選択肢が無い時に使うと良いでしょう。 
[PR]
by yesquire | 2007-06-05 22:57 | 西麻布
最近カチッとしたイタリアンに行ってないと話していた2人が選んだのは白金のCascina Canamilla(カシーナ・カナミッラ)でした。 夜は静かなプラチナ通りの広尾寄りにある小さなテラスと高い天井の落着いたお店は心地よい席の配置と最良のサービスに加え他とは違う独特のメニューがありました。
f0096206_22404535.jpg
メインに珍しい馬肉などを載せるメニューから選んだのは、

>>>>>>>>>>>>>>
サワラのカルパッチョ フレッシュトマトソースと桜海老
新玉葱とウニの岩塩焼き
チーズフォンデュ詰めアニョロッティ・ディ・プリン 空豆のクリームソース
甘茶豚のサルチッチャと春キャベツのアーリオーリオ
子羊モモ肉のロースト
>>>>>>>>>>>>>>
f0096206_22511348.jpg
素材を活かした日本のイタリアンでありながらも伝統を感じさせる味があり、お皿が出てくる度に「これなんだー」と驚きが続きました。 その驚きは料理を口に運ぶたびに感心に変わり、丁寧かつ木目細かいサービスも手伝って最後は2人とも大満足でした。

自家製パスタの種類の多さにも感心したイタリアンの評価は☆☆☆☆1/2、また訪問したいイタリアンが増えました。 このお店も予約時に妊婦であることを伝えると柔らかいクッションを用意して頂きました。
[PR]
by yesquire | 2007-05-12 23:02 | food
イタリアンを思い立った嫁さんが数軒の候補から選んだAl Ceppo(アル・チェッポ)は白金高輪にある庶民的なイタ飯屋さん。 家族連れも多いですが料理とサービスはしっかりのお店です。 コースの前にワカサギのマリネからスタートし、前菜・パスタ・メインを1品づつ選ぶコースにしました。
f0096206_22364542.jpg

>>>>>>>>>>>>>
アボカドと小海老の有機野菜サラダ(嫁)
ホワイトアスパラガス(夫)
貝とからすみのスパゲティ(嫁)
豚のラグー、ピンチ(夫)
豚のグリル、豆とサラダ添え(嫁)
鰹の炭火焼(夫)
>>>>>>>>>>>>>

アボカドのサラダはさっぱりした上品なサラダ。 色々な貝とからすみのパスタはアンチョビソースが合っていましたし、ピンチはピリ辛で美味しかったです。
f0096206_22433767.jpg
これにデザートがついて5,000円のコースはコストパフォーマンス優良。 アットホームで気取らない店構えなので落着いて食事がすすみました。 
[PR]
by yesquire | 2007-03-11 22:56 | food