赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ハワイ旅行 オアフ島編

晴天のハワイ島を後ろ髪引かれながら後にしオアフ島へ移動、ホノルル空港でレンタカーしてこれまた前回と一緒のハレクラニに宿泊。 子供にフレンドリーなスタッフは相変わらずで朝食も気持ち良くとれるし、ヴァレーのピックアップも素早くて子連れには大変過ごしやすいホテルです。
f0096206_2319432.jpg
クリスマスのショッピングに大混雑のアラモアナにも行きサンタさんと写真を撮ったりしましたが、今回は初めてホノルル・ズーへ。 間近で動物を見れる作りになってたりで意外にも子供も楽しめる動物園で感動しました。
f0096206_2320430.jpg
プールサイドにもいましたが、買い物したり近くに焼き肉食べにいったりホノルルでは何かと忙しく過ごしていました。 ハワイにいる間に子供たちはフルーツたっぷりの朝食と温かい気候、お姉ちゃんはしっかり日にやけ「アロハー」「サンキュー」と言えるようになり、弟は食欲と体重がたっぷり増加した様でした。
f0096206_23202391.jpg
東京に帰って撮ったビデオを見ながら「パパまたハワイ行きたいね」と娘が言っておりました。
[PR]
by yesquire | 2011-01-29 08:59 | 赤ちゃん連れハワイ旅行
ホテルは2回目でしたが今回初体験だったことがいくつかりまた。 まずは海ガメと何度も遭遇したこと。 1度は海で泳いでいる時に娘が「カメさん?」と発見、大きな亀が目の前を横切って行きました。 それ以外にも甲羅干しや砂浜で休む姿を何度も見ることになりました。
f0096206_21443240.jpg
そしてジュニ2のプールデビュー。 冬だったので探すのに手間取った水着とラッシュガードで最初に入ったプールはちょっと冷たかったようでした。 それでもお姉ちゃんの時と同じようにプールサイドから軽く飛び降りたり、キッズプールの小さな砂浜でおもちゃで遊んだり楽しんでいました。
f0096206_2283746.jpg
聞くところでは2年ぶりのハリケーンじゃない大雨が1日降って外に出られずキッズルームで過ごしたのも初めてだしたが、ある昼にビーチサイドで写真撮影がいきなり始まり、誰かいるのかなーと見ていると何とDVDで見たことのある細い眼のアジア人がいるじゃないですか! 急いで嫁さんを呼んで現場に行くと「I saw him on Lost !」「Yeah, He is Jin」と隣のミセスと興奮気味に話す始末。 スタートしたばかりのHawaii5.0のリメイク版のスチール撮影でした。
f0096206_22335854.jpg
ハワイではこれも初めてでしたがある日のディナーにシッターさんをお願いしてジュニ2を預けることに。ハワイ島在住の日本人の方が来てくださって助かりました。
[PR]
by yesquire | 2011-01-22 22:57 | 赤ちゃん連れハワイ旅行
初日はジェットラグの解消が目的でしたので食事も軽くし早くベッドに入りましたがさすがに子供達もなかなか寝付けない様子。 朝はいつも通り早く起きて「Pahu i`a」でバイキングですがフルーツや新鮮な野菜が豊富で前回同様家族で大満足。 息子は前回の娘同様シリアルと果物にヨーグルトを平らげていました。
f0096206_2324341.jpg
朝食の後は早速カバナに移動してファミリー向けのプールへ。 しっかり日焼け止めを塗って初めて着る水着ではしゃぐ娘は大きなプールで大騒ぎし、キッズプールでたくさんあるおもちゃで遊んだりして楽しんでいました。
f0096206_2334851.jpg
弟のジュニ2には赤ちゃん用のゲージを用意してくれるなど、これまた前回と変わらぬプールサイドのスタッフのサービスに家族が増えた我々も安心して1日過ごしていました。 午後からは魚の餌やりがあったのでシュノーケリングのできる池のようなプールで係の方の話を聞きながら家族で熱帯の魚達に餌をやりました。
f0096206_2346961.jpg
前回は1歳だったのでKeiki Programに参加できなかった娘もいくつかのイベントを体験することができ、プールで遊ぶ以外の楽しみもあって良かったようです。
[PR]
by yesquire | 2011-01-15 00:03 | 赤ちゃん連れハワイ旅行
ジュニ2歳の誕生日に計画するも妊娠中の嫁さん安静のため2年半ぶりとなったハワイ旅行はクリスマス前のハワイ島に。 前回大満足だったフォーシーズンズリゾート・フアラライ(Four Seasons Resort Hualalai at Historic Ka'upulehu)を再び利用することにしました。
f0096206_21521720.jpg
直行便が無くなってしまいましたが航空会社も前回と同じ日本航空で。 写真はお離陸後バシネットに収まるジュニ2、空港のラウンジで遊んだ後だったからかお姉ちゃん同様2時間くらいで寝てくれました。 ホノルルでの乗り継ぎの待ち時間も何とかやり過ごし、久しぶりのハワイ島はいきなりの快晴で我々の方が感嘆の声を上げていました。
f0096206_2295836.jpg
広大な敷地のホテルでは懐かしい笑顔と細かい気配りのお出迎えがあり、予約した前回と同じ部屋からの眺めは変わらず素晴らしい景色でした。 初めて来たジュニ2も姉同様はいはいでラナイに突撃、その後時差ぼけを無くすために皆で昼食を摂ってジュニ2はベビーベドで、私と嫁さんとジュニも2時間お昼寝。 その後に娘とキッズプールに出かけて少々日の陰った中で遊びました。
f0096206_22401714.jpg
子供連れの海外旅行も2回目なので持ち物や旅行の計画なども(嫁さんのおかげで)楽に済みました。 ただし一人増えたので荷物も多くなり、移動もそれなりに大変ではありましたが(笑)

 
[PR]
by yesquire | 2011-01-12 22:35 | 赤ちゃん連れハワイ旅行

ジュニ2 一歳の誕生日

あっという間に1年が過ぎジュニ2が一歳を迎えました。 流産の危機があり早産だったので心配は多かったのですが、産まれてくると手のかからない赤ちゃんで、性格なのか人見知りはしないし良く食べ良く寝てすくすく育っています。
f0096206_21422367.jpg
年末祖父母とお祝いして家族で楽しい時間を過ごし、ジュニのお友達ママにもお祝いして頂きました。 
[PR]
by yesquire | 2011-01-10 21:46 | baby
今まで大きな個展が無かったのが不思議な現代日本を代表するアーチストの個展が小谷元彦:幽体の知覚。 嫁さんも言ってましたがどこかで見たことのある作品、サブタイトルが悪い先入観を持たせて消化に苦労する幻想的でスケールの大きい彫刻やBill Violaばりのビデオなどヴァラエティに富んだ独創的な作品が並びます。
f0096206_22333094.jpg
知覚を彫刻など立体作品に具象化する小谷のインスタレーションは、安易にアニメに走り稚拙な画像に落し込む最近の日本人画家と違い奥深く新鮮で誰も真似できない完成されたアートと言えます。 モノトーンが多く、クローネンバーグが好きだというのも納得する歪んだ強い印象を与える作品を飽きさせない展示と構成で並べた森美術館のキュレーターも今回はいい仕事してました。

「何の骨だろ」とか「白いお馬さん」と言いながら現代アートにしては娘も楽しんでいた様子。 小規模でも構わないので将来まとめて見る機会を待ちたいアーチストの個展でした。
[PR]
by yesquire | 2011-01-07 23:12 | art / fashion
キネクシスを駆使する西海岸の捜査官キャサリン・ダンス物の2作目がジェフリー・ディーヴァーの『ロードサイド・クロス』。 ネットのイジメが原因でティーンエイジャーが誘拐され風光明媚なモンテレーの道沿いにアメリカでたまに見かける墓標が犯罪予告として置かれていることが分かりストーリーが展開し始めます。
f0096206_22272385.jpg
ブログの記事に対する作家の批評に加えてネット時代の報道と犯罪が描かれていますが、前半はサスペンスというより時代遅れの読者に現代のインターネット事情を解説するような構成になっており退屈します。 巨匠得意のツイストも最後まで起らず、ページ数から逮捕された犯人の他に真犯人の存在が分かるので面白味に欠けるのも事実。 ただし終盤まで一気に読ませる完成度の高さはさすがで、今回はロマンスもあったりで緊張感より充実感を感じるシリーズでした。
[PR]
by yesquire | 2011-01-06 22:41 | book

Lost Season 6

強烈な最初の印象が薄れる間に新たな展開が始まりいよいよ最後のシーズンとなったLost。 これで終わりとなる物足りない気分と今までのストーリーで上手くまとまるのか不安を感じながら見ましたが、気合の入った脚本と予想を裏切る構成に満足の最終シーズンでした。
f0096206_217089.jpg
現実と島での出来事がマッチしない疑問も残ったし、嫁さんは島を守るジェイコブの神話はちょい行き過ぎじゃないかとの意見でしたが、死の現実を受け入れる過程での物語は意外性があって楽しめましたし、最後のシーンもなんとなく感動でした。

今まで以上に大がかりなセットで撮影し映画よりも長い時間を活用したサスペンス大作は、センセーションを起こしただけでなく、プロデューサーや俳優の映画進出でも成功例として名を残しそうです。
[PR]
by yesquire | 2011-01-05 22:22 | movie / tv

謹賀新年 

毎年のことすが年末はお餅つき、大晦日から嫁さんの実家にお世話になります。 一昨年末はジュニ2出産でおめでたい忙しさで正月も過ぎ去って行きましたが、今年は家族でゆっくりと過ごしました。
f0096206_22223062.jpg
姉夫婦も集まって姪達が来ると娘も大はしゃぎで遊んでいましが、この年末はその姪達が泊る日にジュニ初めて両親なしの外泊を経験。 「ママ」の一言もなくはしゃいで皆でお風呂に入って寝たそうで、我々はちょっと寂しい気がしました。
f0096206_22211458.jpg
息子は寒空の下お姉ちゃんも使っていた「がらがら」デビュー。 姪達に手伝ってもらい元気かつ楽しそうに歩き周っていました。

今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by yesquire | 2011-01-04 21:30 | baby