赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー

<   2009年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ドン・デリーロの『墜ちてゆく男』では40前の弁護士が9月11日貿易センタービルから「頭から爪先まで灰色の煤みたい」で「顔も服も血まみれ」になりながら前妻の玄関に現れます。持っていた他人のブリーフケースは同じくビルにいた黒人女性のもので、非常階段での経験を分かち合う深い関係に進展。 老齢で自殺した父親を持つ前妻は朗読によるセラピーで老人達の9/11に触れ、母親とその恋人と宗教感を論じます。 友人を亡くした主人公は引きこもり、「他人とのあいだの航空マイル」のような空間的基準を身につけるように。 やがてよりを戻した二人の関係にも結末が訪れます。
f0096206_22243799.jpg
爆撃実行犯がビル突撃しそこから惨憺たるビルの現場に移り変わる場面はショッキングで見事な文章で語られ、小説全体にはデリーロ得意の乾いた雰囲気が9/11後の断絶された関係、緊張感と焦燥感を漂わせます。 ノンフィクションに近い小説として発表されてもおかしくなかったデリーロによる9/11は、現場の状況描写が最小限に抑えられ、美術商、鉛筆、ポーカーなどの小道具によって事件後の登場人物の生活が表現されます。

短い文章で描いたセンタービル内部の修羅場も壮絶でしたが、主人公の子供が他の子と内緒で部屋の窓から探していたビル・ロートンという人物が実はビン・ラディンだったという下りに戦慄を感じました。

現代のアメリカ人作家で一番好きなデリーロの9/11題材の作品はまた時間のある時に再読したい1冊です。
[PR]
by yesquire | 2009-04-29 22:30 | book
レイチェルよりもノミネートされたAnne Hathaway(アン・ハザウェイ)よりも面白そうな結婚式が一番印象に残ったのがRachel Getting Married(レイチェルの結婚)
f0096206_22341696.jpg
幸せな姉の結婚式にリハビリ施設から駆け付けた父親の注目を浴びたい妹が主人公。 面倒ばかり起こす確かに脱プリンセスなアン・ハザウェイは私生活もいい経験になったのか注目の演技をしていたと思います。 しかし、姉夫婦と友人やパーティを盛り上げる面々が独特で、興味深い手作り結婚式の演出が面白く彼女の存在感も薄れ気味。 特に実の母親役で登場する年とったDebra Winger(デブラ・ウィンガー)からはしばらく目が離せませんでした。

小さな映画をハンディカメラで撮るJonathan Demme(ジョナサン・デミ)もいいかなと。 こんな式だったら招待されたいと思ったドラマの評価は☆☆☆★★。
[PR]
by yesquire | 2009-04-27 22:34 | movie / tv

Neyn ドーナツ 赤坂

TBSの近くにある爽やかなドーナツ屋さんがNeynです。 期間限定で出店している東京ミッドタウンのお店も良く寄りますが、妹が遊びにきたので嫁さんが雨の中買いにいきました。
f0096206_22405536.jpg
Neynのドーナツは独特の生地と大人の味がする上品なドーナツで、最近流行りのアメリカンな濃いものとは一線を画します。 ジュニは優しい叔母と遊んで楽しそうでした。
[PR]
by yesquire | 2009-04-25 22:53 | 赤坂

こだわり

毎日晴天続きでまるで夏のような陽射しに目を細めるジュニの為、サングラスを365日持ち歩く嫁がサングラスくをジュニに買ってあげることに。
幼児専用のサングラスJulbo JUNIORはこめかみの部分がラバー素材になっていて、優しく子どもの頭を優しく包み込んで柔らかい掛け心地とのこと。
付属のレンズカラーでは暗すぎて、瞳孔の成長期にある幼児には視力低下を招く恐れもあるとのことで薄い色のカラーレンズ(58%透過)に交換することにしました。 

f0096206_22381888.jpg

ジュニと一緒にサングラスを着けて歩くのが今から楽しみです。
[PR]
by yesquire | 2009-04-19 22:46
現存するアメリカの作家で最も尊敬するドン・デリーロの80年代に書かれた作品が、リー・ハーヴェイ・オズワルドの物語をフィクションで仕立てた『リブラ 時の秤』。 宗教やもちろん彼の場合人種がJFK暗殺を思い出させる若い大統領が就任したので読んでみました。 事件に関与した組織にオズワルドが巻き込まれる過程と、家族やジャック・ルビーなど間接的に彼と関わる人物の詳細な描写は歴史書を読んでいる、あるいはドキュメンタリーの映画を観ているような錯覚を感じます。
f0096206_23322757.jpg
幼い時からいじめられっ子で、共産主義に目覚めてソ連に亡命、帰国しても生活は苦しく家庭を省みずに社会活動にのめり込んでいく主人公の姿を想像される感情や会話で表現するデリーロの冷徹で容赦しない文章が重く圧し掛かります。 大統領に恨みがあるわけでもなく、暗殺の計画すら考えていなかったオズワルドが熱に冒されたように壮大な策略の一部になる後半に向け、元CIAのエージェントや資料を整理する政府関係者などのサブストーリーが絶妙にからみ進行します。 暗殺、逮捕、オズワルドの葬儀で母親が語る心中へと最後に文章が加速すると同時に重苦しさも増す構成。 JFK暗殺という大きな事件を犯人の側面から描いた作品ですが、悲劇的な大げささを排除して第三者的な視線から捉えた作家の技量は恐ろしいと思いました。
[PR]
by yesquire | 2009-04-16 23:36 | book

国営昭和記念公園

晴天の週末初めて昭和記念公園へ。 広大な敷地に桜はもちろんチューリップなどの花畑、こどもの森にはいろんな遊び場があり一日いても足りないくらいの場所でした。
f0096206_22172557.jpg
入園後すぐにトレインにのってこどもの森へ移動。 ジュニは綺麗に咲いたチューリップに感心しながら早くもママとソフトクリームを堪能し遊び場へ。 長ーいすべり台をパパと何度も降りた後は雲の海でしたが、トランポリン系が苦手な娘でもパパとママに抱えられて楽しんでいました。
f0096206_22502596.jpg
ランチは早朝からママが用意したお弁当を芝生の上で頂きました。 大きな空の下で家族で食べるお手製のお弁当は美味しかったです。 ジュニは途中で疲れて寝てしまいましたが、また行きたい公園のひとつとなりました。
[PR]
by yesquire | 2009-04-14 22:52 | baby

Milk / ミルク

スピードを下げたオリバー・ストーン作品のような政治家のドキュメンタリーがSean Penn(ショーン・ペン)主演のMilk(ミルク)でした。
f0096206_14513448.jpg
オスカーを獲った彼の演技はさすがで、すべての筋肉を使って初めて選挙で選ばれたゲイの政治家を表現していた気がします。 しかしそれよりもGus Van Sant(ガス・ヴァンサント)監督はいつもの思い切った配役と落ち着いた映像でこちらを興奮させてくれます。 ミルク殺害犯となるもう一人の監督官をJosh Brolin(ジョシュ・ブローリン)が映画に溶け込む静かな存在感で演じ、またJames Franco(ジェームス・フランコ)はこんなにいい俳優だったのかと思い知らされるパフォーマンスを見せてくれました。

黒人初の大統領が誕生した年にサンフランシスコで差別と偏見に対抗した政治家にフォーカスを当てるのはいいタイミングですし、主人公の同性愛の側面も恐れず表現した事は大変評価すべき映画だと思います。 また当時のカルチャーや画像なども欲張らずに活用され違和感がありません。 大きな感動は無いもののラストも納得できる洗練されたドキュメンタリーでした。 評価は☆☆☆☆★。 

“My name is Harvey Milk, and I want to recruit you.” という演説の言葉はストレートの人達に向けた「民主主義にリクルートしに来た」的なメッセージだったようです。
[PR]
by yesquire | 2009-04-12 15:01 | movie / tv

日比谷公園

桜が散り一気に夏日になった今日は銀座にお出かけしてシンガポール・シーフード・リパブリックのランチビュフェに。 「つるつる」大好きなジュニは焼きそば、両親は辛口のエスニック料理を食べ放題で満喫。 東急ハンズで買い物した後は子供を連れて初めて日比谷公園に寄りました。
f0096206_22303013.jpg
オフィス街の有名な公園にも子供用の広いスペースがあり、多くの家族で賑わっていました。 動物の置物やすべり台で一通り遊んだ後で娘は大好きな噴水の前へ。 ところが思いきり顔から転んでしまい大泣きして帰宅することに...。 地下鉄の駅からママの胸で寝てしまいました。 
[PR]
by yesquire | 2009-04-11 22:50 | 銀座・丸の内
久しぶりの旦那の両親との食事に選んだのはミッドタウンの中華SILIN火龍園。 満開の桜がワイドオープンな窓に飛び込んで来るようなロケーションでのランチでした。 子供も安心のソファ席に座り、選んだのはお値頃なコースでしたが大変な品数とゴージャスで味わったことのない食事に大満足、ついつい写真に記録することも忘れてしまいました。
f0096206_21254467.jpg
海老の湯引きから始まったコースにお勧めのXO醤を添えて蒸した牡蠣、野菜たっぷりの広州風炊き込みスープ、帆立と続いて麺かチャーハンのチョイスにさすがの大人達も満腹でした。 お話するようになった(ジュニ語ですが)孫に両親も興奮していましたが、元気にいろいろ食べる姿にも安心したようでした。 
[PR]
by yesquire | 2009-04-07 21:47 | food

ソルレヴァンテ 表参道

久しぶりに表参道にランチと買い物へ。 引越してから間もないのに新規オープンや閉店したお店があり時間が経つのは早いなーと感じました。 昼食は子供連れで入れるイタリアンのソルレヴァンテへ。
f0096206_164019100.jpg
久しぶりでしたが相変わらずコストパフォーマンスの高いパスタランチに家族で舌鼓。 嫁さんが注文した春野菜のスパゲティの半分くらいはジュニの胃に納まっていたようです。 最近語彙が増えてきた娘は表現も豊かになり、「後でデザートくるよ」と囁くと椅子を蹴って大喜び。 メレンゲとクリームのこれも春らしい一皿をしっかり味わっていました。
f0096206_16484482.jpg
外のテラスでの楽しい食事の後は買い物に。 引越しで不便かけたので嫁さんのショッピングのお供しました。 ユナアロでは奥様は試着、娘と父は試聴。 しばらくすると「ママ、がっこ(抱っこ)」と甘えるので女子2人で一緒に試着室に入ってもらいました(汗)。 
[PR]
by yesquire | 2009-04-04 16:56 | 表参道