赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ヒロインがJuliette Binoche(ジュリエット・ビノシュ)、主人公がSteve Carrell(スティーブ・カレル)という上品なファミリーコメディがDan In Real Life(ダン・イン・リアルライフ)。 娘3人と暮す男寡のコラムリストが帰省中のロードアイランドの本屋で出会った女性といい感じになり、話が盛り上がってこれまた上品なJohn Mahoney(ジョン・マホーニー)とDianne Wiest(ダイアン・ウィースト)の両親が待つ実家に帰ってみると、その美女は弟の婚約者だったという設定。
f0096206_23431040.jpg
ダンの兄弟とその家族が集まる大きな家は絵に描いたような理想的なファミリー。 休暇で集まった典型的というか、エクセサイズも一芸披露も仲良くこなす多少過剰にも写る一家で当然トラブルの元となるのが長男。 とっくに兄弟が連れてきた美人に気があることがバレバレな彼と思春期の三人娘の間にも、“I want something human funny”と言いながら本を探すフィアンセと鈍感な弟の間にもすきま風がふき、家族を巻き込みながら物語は進みます。

サプライズもないハッピーエンドの親近感のある作品の評価は☆☆☆★★。 クリスマスやお正月シーズンに落着いて鑑賞できる多くの映画群の一つとなりました。
[PR]
by yesquire | 2008-12-30 23:46 | movie / tv
去年同様にジュニの家にお友達をお誘いしてクリスマスパーティーを開きました。 去年のベビ達は寝ている・抱っこ・おっぱいの状態でママ達はゆっくりできませんでした。
今年はというと部屋中をあんよで動き回り興味のあるおもちゃで一人遊べるようになったので、ママ達はゆっくりご飯を食べながら情報交換ができました。

恒例のプレゼント交換でジュニはアンパンマンのボールに自動販売機をゲット!
f0096206_22215896.jpg

プレゼントを開けた瞬間のベビ達の反応....↓群がっておりました。
f0096206_22222361.jpg


ケーキは最近ママのお気に入りのアニバーサリーにて購入。
f0096206_2223623.jpg


また来年も同じメンバーでお祝いできるといいな。
f0096206_22233855.jpg

[PR]
by yesquire | 2008-12-29 22:31
子連れヨガで知り合ったママ友+ベビーの5組で、グランドハイアット東京のフレンチキッチンにてクリスマスランチをすることに。

産院で知り合ったわけではないのに4組のベビーの生まれた日が6月18日・20日・22日・24日の2日違いで、しかもベビー5人女の子でとっても華やか。

個室のお陰で周りを気にすることなくママは美味しいランチに子供の話で盛り上がり、ベビーは広い個室の中を自由に歩き回っていました。

f0096206_1819564.jpg

[PR]
by yesquire | 2008-12-28 18:38 | baby
秋頃からジュニのお気に入りになったアンパンマン。 デパートで買った人形を使って遊んでいた娘の姿を見て思い立ったママは横浜のアンパンマンミュージアムへ。 子供の夢の城へ着くとジュニは大興奮だったようです。
f0096206_22442946.jpg
大きなアンパンマンのキャラクター達と遊んだり、写真を撮ったり大忙しの時間はあっという間だったようで、ランチも済ませてアンパンマンのあんパンをお土産に帰宅。 ちなみにジュニは女の子なのでメロンパンナちゃんのファンですが、館内にいるたくさんのキャラ達みんなに手を振ってはしゃいでいたようです。
f0096206_2247578.jpg
パパはお土産のメロンパンナちゃんのメロンパンを翌朝の朝食でいただきました。
[PR]
by yesquire | 2008-12-27 22:52 | baby
昨年同様クリスマスは家族でディナー。 美味しいカリカリのチキンと今年はさっぱりしたリゾットでジュニも一緒に食べました。
f0096206_11523844.jpg
ワインも偶然昨年と同じシルバーオークでしたが、今年のは随分マシな味でチキンとの相性も抜群。 娘は自分の分を食べつくすと早速パパとママのお皿に突撃してきます。
f0096206_1158869.jpg
1年前と違って甘いおやつも理解しているのでケーキはジュニを寝かせて大人2人になってから。 DVD見ながらゆっくり味わいました。
[PR]
by yesquire | 2008-12-27 12:02 | 家飯
珍しく装丁が日米でほぼ同じだったジョナサン・ストレンジとミスター・ノレル。 19世紀のイギリスで衰えた魔術の評価を再興させる魔術師とその弟子の話。
f0096206_2251927.jpg
原作がかなり分厚く、日本語も3冊に分かれているのは丁寧にも文中で使われている魔術書や史実の注釈が各章についているから。 雰囲気を伝える暗い挿絵もそれだけで魔術書のような英語版をそのまま利用しています。 

もったいぶった文章の和訳に苦労の跡が見られるのは、原文が19世紀の生活や会話を忠実かつ装飾して魔術について語っているからでしょうか? 物語もなかなか核心にせまらないので1冊読んで飽きてしまう読者も多いのでは。 ハリポタと違う成熟したファンタジーは魔法使いが全然魔法を使わない大人なファンタジーでした。
[PR]
by yesquire | 2008-12-24 22:52 | book

Lost Season 4

脚本家のストライキでちょっと短かったけど24とは比較できなほど出来の良かったのがLost Season4でした。 話が主人公達が帰った後にフラッシュフォワードするに連れ面白みを増してきたシリーズ。 娘がお昼寝か就寝した後の楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまいました。
f0096206_21232579.jpg
ヘリで不時着した救助隊も目的が良く分からず、ロークとジャックをリーダーとする仲間に分断される展開。 帰還する人が分かっているだけに、何故その5人だけが帰れるのかは最後まで分かりませんし、実は5人ではなかったことも明かされて驚きが続きます。

島の秘密はさらに深くなり、超自然的な現象が関わってくることになりそうな予感。 帰国後の生活と島での出来事が絡む脚本もかなりこだわった部分が伝わってくるので前回のシリーズより安心して見ていられました。

シリーズ物の宿命で来年まで「待つのはつらい」と嫁さんも話していました。
[PR]
by yesquire | 2008-12-22 21:32 | movie / tv
記念日だったのでジュニを両親に預けて銀座のフレンチへ。 姉家族も集まった賑やかな家に我が子を残し、久し振りだった夫婦のディナーはさっぱりした仏料理ロドラントを選びました。 お店はシェフも若く、開店まもないので肩肘はる感じなく落ち着いてディナーができました。
f0096206_2217119.jpg
アミューズの後の前菜は何とトリフが乗ったフォアグラのポシェ! シャンパンで乾杯したスタートから期待感は高まります。
f0096206_222181.jpg
栗のインパクトが大きい酒粕を使ったスープに続いてはジビエの蝦夷鹿のロースト。 最後に山ブドウのソースがまったりお肉に絡んだフレンチらしい一皿となり、全体的なバランスと給仕のタイミングも合格でした。 途中でシェフと思われる指導の声が聴こえてきたのは残念でしたが、若いお店なので目をつむりましょう。 

帰宅すると娘はすでに熟睡中。 パパもママも探さずいい子にしていたと聞き、残念でもあり、安心もした複雑な心境でした。

 
[PR]
by yesquire | 2008-12-15 22:30 | 銀座・丸の内
2008年最高の展覧会となったのが東京都現代美術館のネオ・トロピカリア/ブラジルの創造力でした。 冴えない美術館でタイトル通りクリエイティブで驚きと楽しみが混在する見事な作品を余裕をもった空間に上手く配置した良質な展示に感動。 60年代のブラジルで起きたトロピカリアなる主に音楽やパフォーマンス主体の芸術運動当時の作品と現代のブラジルアートを明確に区切ってはないですが分かりやすく並列、第一人者のエリオ・オイチシカによるグァバジュースのサービスに驚かされるフィルター・プロジェクトにはジュニも大喜びでした。 吹き抜けの空間を有効に使ったネトの作品もカラフルなイメージが離れない南米アーチストのイメージを覆す斬新だけどどこか楽しい大作。
f0096206_2128594.jpg
中南米のアーチストが紹介される時はどうしても政治・風土と歴史に大きく依存しがちですが、底流にその姿を想像しながらも固定観念を超越した感覚を呼び起こす作品に触れることはめったに無いでしょう。 ビデオ、音楽、パフォーマンスアートやファッションまで網羅しながら飽きのこない「進化の軌跡」を展示した展覧会に文字通り心躍った時間でした。 日曜の昼だったのに入場者が少なくほぼ貸切状態で見れたのも良かったです。
[PR]
by yesquire | 2008-12-03 21:48 | art / fashion