赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

盆踊り 

我が家周辺では盆踊りが連日開かれており、ジュニの散歩がてら元小学校の校庭での盆踊りに寄りました。 こんなに子供がいたんだと驚く程のファミリーの多さと、久しぶりの大きな櫓に私も興奮、あと2,3回聞いていたら東京音頭の輪に入っていたでしょう。
f0096206_22352890.jpg
町会の方中心に営業している屋台も新鮮でしたし、盆踊りの合間にフラダンスの発表をする手作り感が非常に好感的でした。 暑い一日でしたが、納涼という言葉がピッタリの時間に我が子も満足したようです。 この日から団扇を扇ぐマネをし始めました。
[PR]
by yesquire | 2008-07-30 22:40 | 表参道
Renny Harlin(レニー・ハーリン)監督、主演Samuel L. Jackson(サミュエル・L・ジャクソン)なのに全く相手にされなかったサスペンスがCleaner(ザ・クリーナー 消された殺人)
f0096206_22581145.jpg
事件後の現場をクリーニングする元警官の業者が罠にはまって大掛かりな警察内部の汚職事件に巻き込まれる物語。 同僚にEd Harris(エド・ハリス)、殺人現場に残された若い婦人がEva Mendes(エバ・メンデス)なんですが、予想通りの進行プラス事件現場の後処理についてはCSIで見慣れているため新鮮味がありません。 

警察が事件として扱う前に殺人現場をクリーニングしてしまった主人公に、行方不明となった重要参考人の失踪の疑いがかかるんですが...。シンプルなストーリーにさっぱりした映像、脚本も落ち着いているのでゆっくり観られる作品。 Luis Guzman(ルイス・グズマン)が怪しげな刑事役でいい味を出していました。

評価は☆☆★★★。 日本でも劇場公開はされないようです。
[PR]
by yesquire | 2008-07-28 23:09 | movie / tv

上野動物園

連休に上野動物園へ。 開園に合わせて久しぶりの上野公園に到着しましたが、ちょっと早くついたので懐かしい噴水で写真撮影。 ここは私が幼少の頃遊んでいた思い出深い場所で、当時の白黒の写真を我が子を撮影しながら思い出していました。
f0096206_22163867.jpg
上野も北海道の影響を受けたのか動物の見せ方に工夫をこらしており、特にゴリラとトラには嫁さんが大興奮していました。 昔は遠くでウロウロしたり昼寝している動物を見るだけでしたが、ガラス越しに毛穴が見えるくらい近よってくる猛獣に我々も感心、ジュニも興味深そうに見ていました。
f0096206_22203359.jpg
他の動物園と違い、動物の種類が豊富な上野動物園ではキリンやフラミンゴ、ペンギンからニシキヘビまでノアの方舟に乗った動物の代表はほとんど観れるのでは? 残念ながらパンダはおりませんでしたが...。
f0096206_2224567.jpg

国際カエル年だそうで、東京の生息地を報告する地図があり、うちのマンションのカエル君のために渋谷区にマークしてきました。
[PR]
by yesquire | 2008-07-24 22:30 | 下町

家飯 海南鶏飯

暑い日が続くと、消化にいいけどスタミナつきそうなご飯モノが欲しくなります。 嫁さんが研究を重ねた結果我が家でも海南鶏飯(ハイナンライス)がついに食卓に!
f0096206_23394540.jpg
これが白ワインに合う、実に旨みのあるメインディシュでして、分け前を要求する我が子を斜めに見ながらあっという間に食べてしまいました。 残念ながら最近トマト好きのジュニにプチトマトはとられてしまいましたが..。 いやー塩豚丼といい、この海南鶏飯といい、アジアの料理は夏にうってつけですっ!
f0096206_23453078.jpg
連休も暑かったですが、ジュニは元気に姪のお姉ちゃん達と遊んだりしてました。 さすがに日中は日差しも気温も激しすぎるので外出はしませんでしたが。 写真は夕方の散歩途中に寄った近所のケーキ屋さんで。
[PR]
by yesquire | 2008-07-22 23:48 | 家飯
およそ20年ぶりの続編を1年ぶりに夫婦で映画館に行って鑑賞。 Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull「インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国」は気がつけばあっという間に終わってしまったアドベンチャーでした。
f0096206_2294493.jpg
嫁さんが「どうしてこんな映画が作れるのか不思議」と言ってましたが、エイリアンにも目をつむりましょう、ペルーの遺跡での冒険やスピルバーグ得意のディテールな時代描写にごく自然にスクリーンに引き込まれていきました。

若かりし頃より多少アクションに年齢を感じたHarrison Ford(ハリソン・フォード)ですが、この役が彼には一番似合っているのではないでしょうか? 今更ロシアのスパイが敵役ってのも珍しかったですが、Cate Blanchett(ケート・ブランシェット)が悪役で出る必要があったのかは疑問でした。 評価はおまけして☆☆☆☆★。

2人でディナーも久し振りだったので六本木の交差点ではたと気が付いた馴染みの鮨屋に。 実家に預けた我が子を気にしながらも、美味しい寿司とお酒を堪能してきました。 
[PR]
by yesquire | 2008-07-20 22:10 | movie / tv
近所にいた頃は大変お世話になった植木シェフが軽井沢に出したお店におじゃましてきました。 得意の野菜料理が長野の上質な素材で更にグレードアップしたフレンチMasaa'sはゴージャスだけど落ち着いた雰囲気。
f0096206_1536728.jpg
カトラリーやリネンも白で統一され、彩の綺麗な野菜がより美味しそうに見えます。 前菜から地元の材料を使った味わい深い皿が次々と登場し、舌と目も驚くばかり。 火が通せるラップを使ったフォアグラの煮込みやチキンと海老のメインなど、植木シェフ入魂の料理達に我々の胃袋もタジタジになっておりました。
f0096206_1542286.jpg
クールだけど過剰にならない店構えとサービス、見た目も楽しめる慣れ親しんだ料理とデザートが軽井沢でしか食べれないのは残念ですが、また家族ででかけた時は是非寄りたいお店です。
f0096206_1547169.jpg
今回は個室を用意して頂いたのでジュニも暴れ放題でした。 予約を間違えていたのに素早く対応、帰りは全員で見送って頂いたスタッフの方に感謝です。
[PR]
by yesquire | 2008-07-19 15:53 | food
アンセム・キーファーの灰色の大きなインスタレーションが頭に浮かぶピュリッツァー賞受賞作はコーマック・マッカーシーの短編とも呼べる無駄を極力そぎ落とした、ある意味ヘミングウェイな近未来フィクション。
f0096206_2293796.jpg
『ザ・ロード』はページが進むと同時に家族を思う気持ちも広がる作品でした。 焼け野原となった世紀末の地球が舞台で、大気は汚れ太陽は見えず雪が舞う道を名もない親子が殺戮と強奪が続く中進んで行きます。 生き物は人を獲物にする悪人しかおらず、食事もままならない環境で父親はひたすら息子を守ることを第一に歩みます。 もしもの時に餌食にならないよう自殺する方法を教えている事がわかる場面ではこちらの胸が痛くなります。

前作でも研ぎ澄まされた刃物のような文章で悪と善を描いた作者が更に硬度を増した短い言葉で語る作品は、想像力が膨らむ分だけ希望も将来もない状況が心に無情に鋭利な角度で刺さる気がします。 食べ物を探した家の地下にいた全裸で足を切断された男と助けを求める声、焼かれて食べられた赤ん坊などカニバリズムがさらに平和な現代に生きる我々に鈍器で殴られるような感覚を与えますが、偶然見つけたシェルターで久しぶりに風呂に入りコーヒーを沸かす場面が際立って幸福に見えたりもします。

病に冒され死を待つ父と世界が崩壊した後に生まれた子の間で極端に短い会話で表現される親子の愛情、数ページか数段落で収まってしまう事件や出来事、想像を超えた末期の世界をマッカーシー色で極めた小説は現代アメリカ文学の最優良作の一つだと思いました。
[PR]
by yesquire | 2008-07-16 22:18 | book

ハワイ旅行 オアフ編 

後ろ髪をひかれながらハワイ島を後にしてオアフ島へ。 ジュニの誕生祝いと買い物以外は何も予定しませんでした。 一度泊まってみたかったハレクラニでもプールサイドで過ごしましたが、充実度がフアラライほどでは無かったので長くはいませんでした。
f0096206_21122864.jpg
早々とセールをしていたショッピングモールで子供服をしこたま買い込みましたが、嫁さんが「ハワイだからねー」と言うとおり全て可愛い夏服ばかり(笑)。 

ジュニの誕生日パーティーは予約していたOrchidsで。 ランチでしたがバースデーケーキも用意されて、Happy Birthdayの歌までついて感激。 本人は大きなケーキを見て緊張気味でしたが..。 当日驚いたことに、ホテルから誕生日プレゼントに小さなクマのぬいぐるみを頂きました。
f0096206_21131777.jpg
クマ好きなジュニは大喜びで遊んでいました。 ハレクラニは伝統と格式があり、立地条件はすばらしいホテルだと思いますが、フアラライと比較するとそれほど快適とは思いませんでした。 

最後の日は朝食をプールサイドで食べて、「楽しい旅行だったねー」と話しながらおむつが減った分をお土産が占めたスーツケースをレンタカーに載せて空港へ。 だいぶ早くついてしまい、ラウンジにも飽きて軽く食事していたらあっという間に時間。 離陸の時に乗務員の対応にちょっと焦りましたが、離着陸は問題無し。 長いフライトも周囲のやさしい方達のおかげでジュニも飽きずに過ごせたようでした。 

初めて子供と行く海外旅行は大変なこともありましたが、親も子供もリラックスでき、楽しい思い出がたくさん出来た記憶に残るハッピーな旅行でした。
[PR]
by yesquire | 2008-07-14 21:15 | 赤ちゃん連れハワイ旅行
「その他」
とにかく気の利いたサービスとスタッフの笑顔が印象的だったフアラライですが、コテージ裏のランドリー、専用のプール、サウナとジャグジー併設で誰もが称賛するフィットネスルームやスパ、テニスコートなど充実した施設にも目を見張るものがあります。
f0096206_994152.jpg
毎日実施される子供用のイベントプログラムはアジアなど他のリゾートでは経験できない貴重なものではないでしょうか。 フィットネスにはほぼ毎日通っておりましたが、その裏手には売店とコーヒースタンドがありました。
f0096206_910917.jpg
大人も子供も満足できる雰囲気と設備を兼ね備え、清潔感があってサービスも良質となればリピーターの人達の気持ちがわかります。 日本からのツアーも少ないようだし、子供連れが多い宿泊客もきさくな方達が多かったので大変リラックスできました。 また行くために仕事頑張るぞーっと!
f0096206_9103371.jpg

[PR]
by yesquire | 2008-07-12 09:12 | 赤ちゃん連れハワイ旅行
「プール」
ホテルには大人だけの静かなプール、シュノーケリング可能で魚が泳いでいるプールとファミリープール、子供用の4つがあります。 ファミリープールはビーチのすぐそばに位置した日陰や滝がある大きなプールで、カバナとデッキチェアがたくさん用意されてます。
f0096206_21265259.jpg
我々は朝食前に場所取りし、部屋で着替えた後にプールサイドで過ごしました。 ハイシーズンではないので言われているほど場所取りの規則は厳密ではありませんでしたし、赤ちゃん用の小さなケージもあり、1日中安心して過ごしました。
f0096206_21272761.jpg
プールサイドでは食事や飲み物の注文はもちろん、水は何度も注ぎにきてくれますし、冷たいおしぼりやエビアンのフェイススチームなどのサービスがあります。 時間が経つとタオルも替えにきてくれたり、アイスキャンディーを配ったりしてくれて、何時も飽きのこないフレンドリーな雰囲気に包まれています。
f0096206_21274798.jpg
大人用の静かなプールはスタイリッシュなカバナが整然と並べてあり、そこだけ静かな空間になっていました。 ジュニは砂浜もある子供用のプールでは砂遊び、ファミリープールではスイミングで鍛えた足技で浮き輪を使い、ママに「高い高い」してもらって大喜びしていました。 毎朝カバナを並べて過ごした紳士淑女の老夫婦に可愛がってもらって、いつも笑顔で応えていたのが忘れられません。
f0096206_21283216.jpg

[PR]
by yesquire | 2008-07-08 21:30 | 赤ちゃん連れハワイ旅行