赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

20日12時30分ちょうどに誕生。 3,500gの元気な女の子でした。 当日表参道から実家のある下町まで歩いた嫁さん、陣痛が始まってから14時間の耐えてのお産でした。
f0096206_749599.jpg
出産の瞬間は感動してビデオ撮りそこねるも心と脳にしっかりと刻みました。 我が子の大きさに驚きましたが、数時間で顔つきも変化し「目は?口は?」と早くもどちらに似ているか論争に..。 普段と違う同僚の言葉に後押しされ病院の親子に会いにいく日々は楽しく、赤ちゃんの小さな動きに不安と喜びを交互に感じる時間はあっという間です。
[PR]
by yesquire | 2007-06-24 07:58 | baby
出張で浜松に行き浜松餃子は持ち帰れなかったので有名なお菓子「あげ潮」を買ってかえりました。
f0096206_21583623.jpg
知らなかったのですがロハスというかオーガニック。 くるみ入りでコーンフレークがまぶしてあるそうで、嫁さんも「体にいいんだ」を理由にパクパク食べていました。 うなぎパイに飽きたので包装も可愛くてお手ごろなこの洋菓子が静岡帰りの定番になりそうです。
f0096206_2225926.jpg
最近飲んだのは間違えて冷蔵庫の奥底に沈んでいたRidgeのカベルネでした。 香りも味もナパのベテランらしくしっかりして美味でした。
[PR]
by yesquire | 2007-06-18 22:06 | 家飯
歩く妊婦と新宿へ。 改装した伊勢丹の食品売り場まで約40分、すでに強い日差しの午前中に散歩です。 開店すぐの地下1階はすでに賑わっておりましたがそのお洒落な内装と広いスペースに2人とも興奮、「美味しそー」を連発してほとんど全ての店舗を見てまわりました。
f0096206_8221538.jpg
嫁さんは御用達の銀座デパ地下にはない店に感心、オードブル専門店を見つけて「今日は家でパーティー形式にしよう」という事になりました。 オードブルの他にライスコロッケ、サラダやパンを他の売り場で購入し、メインはソーセージにしました。 「じゃチーズも」の一言でウォッシュ系チーズを、初めて見る物ばかりのジャム売り場ではアプリコットのジャムを手に入れました。 
f0096206_830485.jpg
神宮外苑にて午後の散歩を終えた食卓には色とりどりの小ぶりな料理が並び、チーズとパンも併せて2人+半人前で楽しい夜でした。 ソーセージは香りや味の違う3本を選び軽くボイルして堪能しました。
f0096206_8424563.jpg

[PR]
by yesquire | 2007-06-17 08:43 | 家飯
大人向けのフェアリーテールなんでしょうかPan's Labyrinth(パンズ・ラビリンス)は40年代のスペインを舞台にした女の子と「パンの迷宮」の物語。 現実の世界では主人公の母親がファシストの将軍と再婚しレジスタンスと戦う拠点に移動、妖精と知り合いになった彼女(名前がオフェーリアでわざとらしい)は悲惨な環境下で幻想的な世界に引込まれて行くという物語。
f0096206_8212890.jpg
妊婦の母親の状態が良くなかったり、屋敷内にレジスタンスのスパイがいたり、将軍が冷徹で野蛮だったりかなり酷い環境ですがラビリンスでも約束を守れず怖い「目」に遭遇。 主人公の女の子が映画の途中でひどく可哀相に思えてきました。 アメリカでは評価が高かったようですが、普段アニメとか見ない大人の観客の想像力頼りと思わせる評論ばかりでした。 

ドロドロとした独特の雰囲気を、美味しいそうな苗字を持つ監督のGuillermo Del Toro(ギレルモ・デル・トロ)が優雅に造っています。 パンも妖精も上手く出来ています。 全編スペイン語だったのも説得力があり良かったのでしょう。 ただし評価は☆☆★★★、オフェーリアが何故パンの迷宮にいるのか理解不能でしたし、グロテスクすぎてお腹にいる子供にでさえ影響良くないと観た後の嫁さんの表情が語っていました。 
[PR]
by yesquire | 2007-06-16 08:32 | movie / tv
Art School Confidentialは完全にSundance Film Festival(サンダンス映画祭)向けのインディペンデント風映画。 画家志望の学生がアートスクールで恋と絵画の才能と将来に悩むドラマ/コメディでした。
f0096206_2223060.jpg
Crumb(クラム)を撮ったTerry Zwigoff(テリー・ツヴァイコフ)は殺人事件や偏屈な教授など今回いろいろ詰め込み過ぎ。 恋愛モノにしたいのか学園物にしたいのか焦点が定まってなかった気がしますが、恋にも芸術にも素直な主人公の男子に新鮮味を覚えました。

おとり捜査の警官が書く幼稚な絵が秀作になってしまったり、十数年も抽象的な三角形だけを書く教授がいたり、アートスクール内部をパロディにした部分は笑えました。 自身の経験から書いたDaniel Clowes(ダニエル・クロウズ)の脚本が良かったのでは? 久しぶりの気軽な青春物で評価は☆☆★★★。 脇役に名優を配置するB級映画マニア向けでしょうか。
[PR]
by yesquire | 2007-06-14 22:21 | movie / tv

The Rolling Stone Record Guide

The Rolling Stone Record Guide (ローリングストーン・レコードガイド)は中学時代に友人から薦められたレコードガイド本。 好きなアーチストの多くをこの中で知り、好きだったバンドがあまり評価されてないことに失望もした音楽書唯一の座右の銘です。
f0096206_20195559.jpg
★印で各アルバムを評価するのは今のThe Rolling Stoneも一緒なのでしょうか? 例えば当時デビューしたばかりのTalking Headsの「77」は★★★★、流行っていたBilly Joelですが「52nd Street」は★★★、ジミヘンの「Are You Experienced?」は満点でした。 この分厚いガイドでNeil Yougに傾倒し、BB Kingも聴くようになり、Greatful Deadのアルバムも全部買う必要がないことが分かりました。 Pink Floydもこのバイブルの評価に従って当時はレコードで買いました。 

最近の音に飽きて、未発見の刺激が欲しくなった時に手にしています。 
[PR]
by yesquire | 2007-06-11 20:36 | music
豪雨と雷かと思えば晴天だったりした週末にそろそろ夏バテ解消メニューが食卓に上ります。 夏物のスーツを買いに行った日のお昼は鰻の蒲焼
f0096206_2123385.jpg
嫁さんがデパ地下で購入した高級品を温めてドンブリで豪快に。 ついついご飯を食べ過ぎ、産まれてきた時の練習を名義にお昼寝でした。 

ゴーヤチャンプルーのそうめんは我が家の定番になっています。
f0096206_21284555.jpg
毎朝の散歩はだんだん距離が長くなり、今日は代官山→恵比寿→渋谷とまるで都バスのコースのようでした。 新しい店が出来たりしてそれなりに刺激的ですが、妊婦より旦那の足がパンパンでウォーキング後のお風呂が爽快。 これも定番のお昼寝に素直に突入していました。
[PR]
by yesquire | 2007-06-10 21:37 | 家飯

cow books  表参道

表参道のDragonfly CAFEにcow booksのコーナーが常設されたので行ってきました。 cow booksは絶版になった古本専門の本屋で、アート系も多いのですがしっかりしたフィクションも置いてあるので個人的には興味深々の本屋さんです。
f0096206_22343875.jpg
たぶん本の流通業者が多趣味でないんでその日に買ったゲイ・タリーズなんかはパッタリ普通の本屋では見なくなりました。 日本の本屋さんは偏りが大きすぎです。 「Honor Thy Father(汝の父を敬え)」はタリーズの名作で一度読んでみたかった作品の一つ。 翻訳の常盤新平さんはお会いした時に大変気さくで爽やかな方だった印象があります。 時間かかってもいいので出版社には意義のある大作を訳して世に出して欲しいです。

今日は表参道散歩中にいろんな知り合いと話す機会が多く、嫁さんとも「こうゆう日もあるんだね」と語っておりました。



 
[PR]
by yesquire | 2007-06-09 22:47 | book
「タイ料理が食べたい!」という嫁さんの強い要望で西麻布のRice Terrace(ライステラス)を久しぶりに訪問。 昔からタイ宮廷料理をサーブしてきたお店は数年ぶりにでしたが雰囲気もそのままで落着いて美味しいタイ飯を楽しみました。 選んだ料理はオーソドックスな物が中心。
f0096206_22313168.jpg

>>>>>>>>>>>>>>>>
ヤムウンセン
揚げ春巻き
スパイシー・タイ風さつま揚げ
チキンのグリーンカレー
小豆とタピオカ
ココナッツのアイスクリーム
>>>>>>>>>>>>>>>>
f0096206_22324324.jpg
辛いのはさつま揚げでしたが、グリーンカレーもご飯と食べると後からジワッとスパイスが効いてきました。 場所柄外国人のお客も多いのでオリエンタルな雰囲気もありますが、こざっぱりしてサービスも良く選んで間違いのない店であることには変わりありません。 21時まで禁煙なのも妊婦には向いていました。
[PR]
by yesquire | 2007-06-08 22:37 | 西麻布
太めの麺を買ってきたので或る日のお昼はサーモンのクリームパスタでした。 「何にしよーか?」と迷った時にササッとこうゆう料理が出てくるのに未だ独身時代を思い出す旦那の私は驚きを隠せません。
f0096206_21294850.jpg
生クリームがなかったので使った牛乳とスライスチーズに大胆に溶け込んだいつもより太いパスタがお腹に行き渡り撃沈。 昼寝から目覚めた夕方になっても「まだお腹空かないねー」と散歩の途中で話してました。 シエスタの原因の一つだったワインは久しぶりのオージーでした。
f0096206_21335497.jpg
広尾の愛育病院にお見舞いに行ったり、化粧ポーチを探しに東京ミッドタウンに行ったり嫁さんの散歩コースは広大な範囲になっています。
[PR]
by yesquire | 2007-06-07 21:39 | 家飯