赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

The Matador

殺し屋(Pierce Brosnan/ピアース・ブロスナン)とセールスマン(Greg Kinnear/グレッグ・キーナー)がホテルのバーで出会い、意気投合。 6ヶ月後のクリスマスに殺し屋は組織に追われる身となり、セールスマンの家を突然尋ねてくる。 引き金が引けなくなった殺し屋と普通の男が最後の仕事に..。

まずどうゆう映画を作ろうと思ったのか、製作中にいろいろ悩んだあげく、映画会社から言われて「まとめ」た感じのする映画でした。 Pierce Brosnanの演技はコミカルで確かに面白い。 一つ一つの場面はインパクトがあり、カメラワークも上手いです。
f0096206_218476.jpg

ポスターがお洒落で気に入ってたのでその先入観が強すぎたのか、作品の評価は☆☆★★★です。 題名の'The Matador'は2人の男がメキシコシティーで闘牛を観に行き、そこで殺し屋であることが明らかにされることから。 闘牛のシーンと、殺し屋がどうっやって仕事を完遂するのかが対比されて描かれます。 

Pierce Brosnanは南北戦争物の'Seraphim Falls'に、Greg Kinnearは今年の話題作である'Little Miss Sunshine'が公開中。 
[PR]
by yesquire | 2006-08-30 21:17 | movie / tv
六本木ヒルズに映画を観に行った後にRojak(ロジャック)でランチしました。 青山の店は閉店したようなので久しぶりです。
f0096206_23164026.jpg
旦那はひよこ豆のカレー、嫁さんはチキンのフォーでした。
f0096206_23165047.jpg
セットにはサラダがつきます。 お昼も始まったばかりで人はあまりいませんでしたが、店内の音楽がもうちょっと静かだといいなと話していました。 華やかだった六本木ヒルズも、場所によってはテナントがどんどん変わっているようです。 ロジャックは雰囲気いいし、料理もまずまずなので頑張って欲しいお店の一つです。
[PR]
by yesquire | 2006-08-28 23:15 | food
土曜は麻布十番にある岩盤浴のRoche.b(ロシェ・ベー)へ。 前回は3床で「贅沢だね」と話していたので、今回は2人部屋を予約しました。 それでも充分お洒落な部屋で90分はあっという間に過ぎ、2人もサラッと大量の汗を流しました。
f0096206_19272915.jpg
実は昼食を抜いていたので、ハーブティーを飲むとその足で神宮前の鶏味座(とりみくら)へ。 嫁さんは大好物「もも肉骨付き素揚げ」と塩ラーメンが目的でしたが、つくねや砂肝も堪能し、最後僕は地鶏の坦々麺でしめました。 焼酎も美味でした。
f0096206_19533842.jpg

[PR]
by yesquire | 2006-08-27 19:56 | art / fashion

L'osier ロオジエ  銀座

金曜は嫁さんのお薦めで東京で一番といわれている銀座のL'osier(ロオジエ)で接待。 重厚な入り口と受付が必要以上に緊張感をあおりますが、担当の方の気遣いで気楽にお客様を待ちます。 到着されたゲストと螺旋階段で2階の個室へ。 挨拶とかディナー前の儀式にもお店のスタッフは軽快に対応してくれます。

料理は「季節のディネ」にしました。 前菜はトマトづくしの小皿、オマール海老をはさんで、メインの肉料理もまさにフレンチ。 盛付けとお皿の色彩も豊かで、運ばれる度に感嘆の声をあげていました。 フレンチはあまり詳しくないしロオジエも初めてなので、素直にその優雅な食事とワインに興奮していました。

ワインはブルゴーニュの白とボルドーの赤(Saint Julienだったと...)でソムリエの方も親切に相談にのっていただけました。 ウォッシュ系のチーズを頂いた後のデザートとプチフールの量には驚きましたが、料理のポーションは大きくなかったのでお客様も満足されたようです。

相当気を使っていたのか料理の詳細は覚えていません。 こんなお店に4度も来ていた嫁さんを再度羨ましいと思いました(笑)

今日の表参道は最近どこでもやってる「よさこい」だそうで、逃げ出して代官山にでも遊びに行ってきます。
[PR]
by yesquire | 2006-08-27 12:18 | 銀座・丸の内

家飯 鳥の唐揚

夜は涼しくなってきましたが、まだ夏です。 我が家はなるべく冷房を入れずに過ごしています。 窓を開ければいい風も入ってくるし。 フィットネスに行った夜の家飯は鳥の唐揚でした。
f0096206_21423794.jpg
嫁さんも「上出来」と自慢の唐揚は、外パリパリで中もちもち。 「ビールないの?」とお互い発言してしまうような美味しさでした。 おくらとカボチャの揚げびたしも何ともいえない「お袋も味」っぽくて良かったです。
f0096206_222951.jpg

結局ワインになりましたが、家で食べる鳥唐も旨かったです。

表参道は夏休みなんでしょうか、夜も人が多いようでした。
[PR]
by yesquire | 2006-08-24 22:32 | 家飯
"United 93"は初めから終わりまで緊張する映画です。 もう5年も経ったんだなと思いながら席に付きましたが、感心している余裕などありません。 当時アメリカに留学していた嫁さんは途中で気分が悪くなってました。 
f0096206_21252998.jpg
ドキュメンタリーではありませんが、事実に基づいた作品で、製作にあたってはUnited 93に乗っていて亡くなった遺族の方全員と、政府や空港関係の了承をとったそうです。 CSIなどのTVシリーズに出ている俳優などキャストにプロを使っていますが、管制官など本人が出演している場目も多く、セットも本物かそれに近いものを使っており、緊張感を増します。

たまたまVanity Fairに載っていたNORMADの会話テープの記事を読みました。 映画の中で交わされていた会話はほとんどそのままだったらしくまた唾を飲んでしまいました。

評価は☆☆☆★★。 製作したことは評価しますが、あまりにもインパクトが強かったです。 映画見終わった後の六本木ヒルズで、休みながら2人であの時どうしていたのか語り合いました。
[PR]
by yesquire | 2006-08-21 21:32 | movie / tv

AW Kitchen figlia 表参道

久しぶりに夏の高校野球を見た後、2人の意見はイタリアンだったのでPASTA HOUSE AW kitchen figliaへ。 前から気になっていた表参道のパスタ屋さんです。 比較的若いお客さんが多い店内は嫁さん曰くフェミニンな作りで、サーブしてくれる店員も女性だけの優しい雰囲気のお店でした。
f0096206_1221521.jpg

生ハムのスライス入りクリームチーズにパンをデップして楽しんでいると料理が運ばれてきます。
///////////////////////////
夏野菜のバーニャカウダ
ひよこ豆とトマトソースの粗引きソーセージ
釜揚げしらすと桜海老のペペロンチーノ
白桃とゴルゴンゾーラチーズのニッキ
///////////////////////////
f0096206_1225647.jpg

八丈島産の大きなオクラと甘味のあるトウモロコシが季節を感じさせたバーニャカウダ。
f0096206_12253448.jpg
 
オーナーの奥様がお肉屋さんだそうで、粗引きの美味しいソーセージ。花より団子の2人はいつもシャッターよりナイフとフォークを先に手にとってしまいます。
f0096206_12272427.jpg

釜揚げ柔らかしらすに桜海老の香ばしい香りのペペロンチーノはとっても上品。 パスタの2皿目は、白桃の甘さとゴルゴンゾーラの塩っけが柔らかなニョッキに絡まり、女性にはたまらない一品です。

表参道交差点からずぐ近く、気軽に入れる本格的なパスタ屋さんです。 
評価は☆☆☆★★。
[PR]
by yesquire | 2006-08-20 12:54 | 表参道

牛かつ 夏の家飯

夏も終わりに近づいています。 で、家で食べる揚げ物。 独身時代にはまずありえない料理でしたが、嫁さんが牛カツをいとも簡単に作るのにびっくりしました。
f0096206_22444282.jpg

サクサクして、とんかつとはまた違う食感。 一緒に揚げたシイタケも美味しかったです。 トマトをスライスしたサラダと食べました。
f0096206_232447.jpg
先週末は東京湾花火を義父の家で観賞。 お転婆な姪達と日本の夏を堪能していました。 月島や築地などに高いビルが建設中、今年が最後かなーと言いながら観ていました。 
[PR]
by yesquire | 2006-08-18 23:05 | 家飯
入り口で予約の日間違えたか?と思うほど前に予約を入れておいた「Casa Vinitalia(カーサヴィニタリア)」へ。 値段、サービスと「東京イタリアン」を堪能するには一番のお店ではないでしょうか?

スタートは多種多彩なお野菜をバーニャカウダで頂きます。 

前菜、やりいかと雲丹のカルパッチョ、モッツアレラチーズと牛肉のサラダ。
f0096206_10192264.jpg
f0096206_10195357.jpg
やりいかの甘さに雲丹と海ぶどうのアクセントがGOOD。 牛肉のサラダとキリっと冷えた白ワインの相性バッチリ。

パスタ、嫁が大好きな白魚とカラスミのタリオリーニ。
f0096206_10201488.jpg
 最高!!!! 生麺のタリオリーニにしっかりとガーリックベースのオイルとカラスミの味がが染み込んでいました。 見た目も上品。

メイン、和牛 岩塩と胡椒、スパイス風味。 
f0096206_10202829.jpg
3回来店して3回ともこのココット料理です(笑)。 とっても柔らかくて甘ーいお肉に、
トロトロになったガーリックと一緒に頂きます。 至福の時。

スモールパスタ、お腹の具合でパスタの量(30g、60g、100g)を選びます。 
f0096206_10204537.jpg
しかもソースは4種類から!  アラビアータ、コーン(オイルベース)、トマトソースともう一種類(忘れました)。 で、アラビアータを選びました。 嫁は30g、旦那は60g。 
パスタはしっかりアルデンテ。

 
ドルチェはジェラートを使ったもの。
f0096206_10252999.jpg


白を基調にした店内は落着いており、サービスも申し分ありません。 
嫁さんは早速次回の席も確保しておりました。 評価は☆☆☆☆☆の満点!

のりちゃん、ヨッシー、10月にアロマフレスカにて予約入れたからね~(From 嫁)。
[PR]
by yesquire | 2006-08-13 10:32 | food

最近の家飯とワイン

しばらく外食が続いたりすると家でゆっくり家庭料理が食べたくなります。 今日もお客の誘いをやんわりとお断りし、嫁さんの手料理を食べに急いで帰りました。 以下最近の家飯の数々。 
f0096206_21583180.jpg
まずは豚肉と冬瓜の炒め物。 枝豆、人参のパリパリサラダと週末食べました。 人参のサラダは嫁さんのお気に入りで、枝豆はサイドディッシュとして欠かせません。 飲んだワインはNapaのStephensシャルドネでした。 豚肉と冬瓜って合うんだねと驚きの組合せでした。
f0096206_2244482.jpg

驚いたと言えば、ゴーヤチャンプルーとそうめん。 さっぱりした夏の定番そうめんの上にこれまた定番、豚肉のゴーヤチャンプルーをのせます。 そうめんにお汁をかけて出来あがりですが、柔らかい麺と熱々のチャンプルーが絶妙に合います。 見事な組合せに感動しました。
f0096206_2293981.jpg
そして最近二人がはまっているのが「野菜のだし」。 6種類の野菜を細かく刻んだ漬物で、近くのスーパーでは何故か豆腐売り場に置いてあります。 僕らは冷奴の上ではなく白飯の上に載せて食べていますが、特に暑い季節はこれが最高に旨い。 皆さんも試してみてください。
f0096206_22131398.jpg

[PR]
by yesquire | 2006-08-09 22:15 | 家飯