赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:下町( 11 )

山王祭 

浅草の三社祭に続いて2年前はハワイ旅行で参加できなかった山王祭に家族で参加。 すっかりお姉さんになったジュニですが子供神輿にまだ背が届かなかったので山車をひくことに。 お祭りの役員をやっているお爺ちゃんとお婆ちゃんも一緒に近所を周りました。
f0096206_2222591.jpg
ママのお友達や知り合い大勢に声をかけられ子供のイベントを楽しんだ後に従姉達が到着。 4人でたくさん遊んだ後に待望の縁日で大量のおもちゃの景品を獲得、二家族で夕食をたべに行きました。

実家のお祭りであまりお神輿を担げなかったパパは週末2日間子供達をママに任せて思う存分お祭りに浸ることができました(ママありがとう)。 従姉のお姉ちゃん達に遊んでもらった息子も楽しかったようで昼寝もせずに終始笑顔で過ごしました。
[PR]
by yesquire | 2010-06-17 22:54 | 下町

西洋美術館 上野

天気の良かった週末赤ちゃんとママを置いて娘とパパは上野へ。 とはいっても寒いのでまず久しぶりに科学博物館に向かいます。 相変わらず子供の多い博物館で以前より知識をつけたジュニは興奮気味に走り回る始末。
f0096206_21164164.jpg
恐竜の骨格はちょっと怖かったみたいだけど、他の生き物には興味深々で、特にビデオや動くものには目がありません。 パパの小さい頃とは展示方法も工夫されて時代を感じる理科の館を後にすると、目ざとい娘は動物園の入り口を見つけて父親をそれとなく誘導します。 年間パスポートを使って入ると「カバさん見たい」と発言するジュニ。 科学博物館に剥製のなかった動物を指名するところはさすがです。
f0096206_21195136.jpg
その前にいつものスポットで記念撮影しますが、ごく自然にカメラに収まるわが子に思わず微笑。 ポケットに入ったカンガルーの赤ちゃんとカバとフラミンゴを見た後は、身のしまる不忍池の畔でランチ。 親子で肉まんを分け、鳩を追いかけて動物園を後にし、入場無料だった西洋美術館へ。 ジュニ初めての伝統の美術館では、「考える人」を2人で真似しながら鑑賞してからパパの好きな「大きな池」と「波」の絵を見に行きます。
f0096206_21272414.jpg
分かりやすい絵画の多いギャラリーなので娘も興味もって様々な近代のアートを愉しんでいたようで、帰ってきて「ジュニ、考える人」と言うと小さな手をほっぺにうめて「どうしようかなー」とポーズをとってくれます。
[PR]
by yesquire | 2010-01-20 21:36 | 下町

浅草 三社祭

ジュニ2回目の三社祭では山車を初めて引きました。 両親や祖父母も経験のある子供用の山車ですが、人口減少で毎年綱を引く子供の数は減っています。 そんなことは気にもせず、最初は元気にママと一緒に綱をつかんで歩いていましたが、大人中心だとスピードが早くついてゆけません。嫁さんのご両親も一緒になって山車を引き写真撮影、途中からは山車に立たせて太鼓を叩かせました。 昔は花形だったのでなかなか順番が回ってこなかったものですが、幼馴染ファミリーに気持ちよく譲ってもらい喜んで祭囃子の調子で太鼓を叩いていました。
f0096206_2225519.jpg
娘は大人のお神輿が神社の境内に着くとお昼寝から起きて屋台の焼きそばを食べたりしてはしゃいでいました。 最初はお祭りの衣装を着るのも嫌がった彼女も、(親の勝手な想いですが)すっかり満足したようです。 
[PR]
by yesquire | 2009-05-19 22:17 | 下町

浅草 観音様と尾張屋

小走りまでするようになった孫を見せに旦那の両親の元へ。 小雨降る中尾張屋で昼を食べ浅草寺にお参りに行きました。
f0096206_22372557.jpg
小さい頃からそばと言えば尾張屋だった自分が娘と嫁さんを連れ両親と食事をするとは。 注文したのは天丼でしたが、相変わらずの店構えと愛想のいい女将さんにほっとしました。
f0096206_2243486.jpg
ゆっくり昼食を堪能した後のれんをくぐって外へ出ると雨も止んでいたので観音様へ。 ジュニは整備された境内でハトを追いかけまわして楽しそうでした。  
[PR]
by yesquire | 2009-01-31 22:46 | 下町

新年の過ごし方

毎年30日は嫁さんの実家で餅つき大会、その後我々家族でお正月までお泊りするのが毎年恒例となっています。 寒かった大晦日はちょっとした買い物をし、子供が寝た後はテレビ三昧。 ほろ酔い気分でついついカウントダウンを寝過ごすところでした(笑)。
f0096206_21404976.jpg
元旦は築地でお父様が仕入れてきた絶品の刺身とお母様お手製の煮物とおせち。 自家製の御とそもいつものお正月と同じです。 食欲旺盛なジュニは黒豆が気に入ったらしく、何度も食らいついてました。 しかも「じぃじ」と「ばぁば」が言えるようになったので何回も呼んで大人心をくすぐり、あまえていました。
f0096206_21411789.jpg
初詣にご両親は深川の富岡八幡宮、我々は歩き始めた娘のことを考えて茅場町の日枝神社の摂社へ。 今年も何もしないのにあっという間に時間が過ぎてしまういつものお正月を家族で堪能しました。  
[PR]
by yesquire | 2009-01-06 21:45 | 下町

国立科学博物館

週末は嫁さんのアイデアで私がそれこそ幼少時代に通っていた国立科学博物館へ。 お爺ちゃんと待ち合わせしたんですが、メインの荘厳な入口ではなく地下から入場するのにまずびっくり。
f0096206_23323152.jpg
入ってみれば今まで恐竜や原始人にワクワクしていた1Fは日本館になっており、動物も飛行機も地球館にある始末で、かなり迷ってしまいました。 平日学校さぼって行った時は剥製やホルマリン漬け見るだけで怖くなった記憶がありましたが、今の博物館は展示方法も見事。 特に世界の動物が一同に揃う(剥製ですが)展示室はジュニも絵でしか見たことのない動物達に感心していたようでした。 

大人の我々も説明文に時間をとられたり、観たことのない生き物や石に目を奪われ、子供よりも感動が深かった気がします。 帰りはお爺ちゃんにベビーカーを押してもらって上野駅でランチして帰りました。 その昔嫁さんも近寄れなかったミイラはありませんでした(涙)。
[PR]
by yesquire | 2008-10-20 23:38 | 下町

上野動物園

連休に上野動物園へ。 開園に合わせて久しぶりの上野公園に到着しましたが、ちょっと早くついたので懐かしい噴水で写真撮影。 ここは私が幼少の頃遊んでいた思い出深い場所で、当時の白黒の写真を我が子を撮影しながら思い出していました。
f0096206_22163867.jpg
上野も北海道の影響を受けたのか動物の見せ方に工夫をこらしており、特にゴリラとトラには嫁さんが大興奮していました。 昔は遠くでウロウロしたり昼寝している動物を見るだけでしたが、ガラス越しに毛穴が見えるくらい近よってくる猛獣に我々も感心、ジュニも興味深そうに見ていました。
f0096206_22203359.jpg
他の動物園と違い、動物の種類が豊富な上野動物園ではキリンやフラミンゴ、ペンギンからニシキヘビまでノアの方舟に乗った動物の代表はほとんど観れるのでは? 残念ながらパンダはおりませんでしたが...。
f0096206_2224567.jpg

国際カエル年だそうで、東京の生息地を報告する地図があり、うちのマンションのカエル君のために渋谷区にマークしてきました。
[PR]
by yesquire | 2008-07-24 22:30 | 下町

根津神社 つつじ祭

比較的平均年齢の高い観光客が多かった根津神社のつつじ祭に行ってきました。 暑い日差しの中狭い道をベビーカーを押していた途中で我が子はぐっすり寝てしまい、肝心のつつじを目にすることはありませんでしたが、また来年と思いながら谷根千めぐりをして帰りました。
f0096206_22445874.jpg
それにしても普段は閑散としている根津神社に間違いなくつつじの数以上の人がおり、定年後にカメラの趣味を持つ方の割合が多いのか、皆さん本格的にフィルムに収めようと本格的にカメラを構える方が目立ちました。 嫁さんは初めての谷中・千駄木・根津めぐりに少々ぐったり、アイス最中で目を覚ましていました。
f0096206_22474014.jpg
坂を上がった上にあるので谷中近辺は本当の下町っぽさが曖昧なんですが、中学時代の通学路だった近辺はやはり個人的には懐かしい感じがします。 目が覚めたジュニをたくさんあるお寺の境内を横目に見ながら、お気に入りの朝倉彫塑館へ連れて行きました。 墓守は貸出中でしたが、天井の高いアトリエにあるブロンズ像や猫の彫刻に娘も感動したのか声をあげて反応しておりました。 
[PR]
by yesquire | 2008-05-02 22:57 | 下町

浅草むぎとろ  浅草

嫁さんの親父さんを連れ実家の近く浅草むぎとろへ。 私の両親がチャリで駆けつけたお店は一昔前とは全く雰囲気の違うモダンな食事処となっていました。 本店ははとバスツアーに組み込まれて満席だったので隅田川沿いの別館で昼食に。 「むぎとろだよっ」と地元で育った故に少々引き気味だった私ですが、前菜、とろの揚げ物と串焼きと続くコースにメインのむぎとろご飯を忘れて舌鼓。 食道を患った義父に食べやすい物をと気を使って予約した嫁さんも大満足でした。
f0096206_21231141.jpg
そのメインデッシュは風味の香る麦ご飯がお櫃でたっぷりと、とろろも大きなすり鉢に盛られて食卓へ。 出汁が上手い具合に効いており、嫁さん曰く「家では食べれない」一品でした。
f0096206_2128535.jpg
ベビーカーに収まっていたジュニもいつのまにか爺婆や母親の膝にのって下町の上品な伝統料理を不思議そうに見ていました。
[PR]
by yesquire | 2007-11-25 21:33 | 下町
嫁さんの実家がある八丁堀で週末2年ぶりの日枝神社のお祭りに行ってきました。 土曜は天気も良く、2人で姪に付き合って山車と子供神輿を追いかけてました。 さすがは義理と人情の町、歩いてるとすぐに嫁さんに声がかかります。 住民が少なくなったのは事実ですが、子供神輿には担ぎ手が一杯。 「前棒を担ぐんだよ」の指令に姪も喜んで一番いい場所で担いでいました。
f0096206_21595845.jpg

夜は青年部が主催する縁日です。 お手製の輪投げや射的が子供に大人気。 たくさん商品を頂いてみんな満足そうでした。 お父さん達は一杯100円のビールで神輿を担いだ疲れを癒していました。 私は浅草出身なので生まれてからずっと三社祭なのですが、八町掘の小さいけど賑やかで人情味あるお祭りも大好きです。 婦人部のおば様達のパワーもおみそれします。
f0096206_225657.jpg

前回は乳母車だった下の姪がお祭りデビュー。 昼はお祭りの衣装で、夜は浴衣で大はしゃぎでした。 伝統が続いている感じがしてほのぼのします。 今日は雨でしたが、大人の神輿は巡行、ずぶぬれになりながらも皆さん楽しそうに担いでいました。 近所のおじさんと「担いだ?」「担ぎましたよ!」の会話が弾みました。 

明日はワールドカップで夜は人もまばらでしょう。 最近いいニュースが無いので是非頑張って欲しいですね。 選手の皆さんは下手なプレーするとTVを通じて嫁さんのするどい一言が飛ぶので気をつけてください。
[PR]
by yesquire | 2006-06-11 22:21 | 下町