赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ネオ・トロピカリア 東京都現代美術館

2008年最高の展覧会となったのが東京都現代美術館のネオ・トロピカリア/ブラジルの創造力でした。 冴えない美術館でタイトル通りクリエイティブで驚きと楽しみが混在する見事な作品を余裕をもった空間に上手く配置した良質な展示に感動。 60年代のブラジルで起きたトロピカリアなる主に音楽やパフォーマンス主体の芸術運動当時の作品と現代のブラジルアートを明確に区切ってはないですが分かりやすく並列、第一人者のエリオ・オイチシカによるグァバジュースのサービスに驚かされるフィルター・プロジェクトにはジュニも大喜びでした。 吹き抜けの空間を有効に使ったネトの作品もカラフルなイメージが離れない南米アーチストのイメージを覆す斬新だけどどこか楽しい大作。
f0096206_2128594.jpg
中南米のアーチストが紹介される時はどうしても政治・風土と歴史に大きく依存しがちですが、底流にその姿を想像しながらも固定観念を超越した感覚を呼び起こす作品に触れることはめったに無いでしょう。 ビデオ、音楽、パフォーマンスアートやファッションまで網羅しながら飽きのこない「進化の軌跡」を展示した展覧会に文字通り心躍った時間でした。 日曜の昼だったのに入場者が少なくほぼ貸切状態で見れたのも良かったです。
[PR]
by yesquire | 2008-12-03 21:48 | art / fashion