赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Juno 「ジュノ」

ティーンエイジャーが妊娠、出産も養子にだすことも簡単に決めてしまうほのぼのした映画がJuno(ジュノ)でした。 嫁サン曰く大きな感動やドラマチックなシーンもなく淡々と進む作品ですが、賞をとったDiablo Cody(ディアブロ・コーディ)の脚本が優秀で、そのために作った映画のような気がしました。
f0096206_21205259.jpg
最初はフォークソングが流れてアニメチックな映像によくあるお洒落な青春モノかと思いましたが、16歳の妊娠という重大な事象を従来とは全く違った切り口でテンポよく、風変わりな女の子の会話を中心に進む構成にグイグイ引き込まれていきました。

もちろんEllen Page(エレン・ペイジ)の微妙な表情も抜群でしたが、両親や友人、孕ませた彼氏との会話は最近のハリウッド作品には無く新鮮でシニカルかつ現実的でした。 若くして妊娠した悩みや出産の苦労、お腹を痛めた子を他人に渡す時の感情などありがちな風景を一切省いた斬新な脚本は、主人公が両親にその事実を打ち明けるシーンに象徴されていたと思います。

いい感じで終わるラストシーンも良かった秀作の評価は☆☆☆★★。
[PR]
by yesquire | 2008-05-17 21:29 | movie / tv