赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『僕が戦場で死んだら』 ティム・オブライエン

湾岸戦争や9/11が起きる前のヴェトナム戦争に関する論争が盛んだった頃に読みたかったのがTim O'Brien(ティム・オブライエン)の「僕が戦争で死んだら
f0096206_22502092.jpg
前からヴェトナム主題の彼の小説は正直あまり読書欲が湧きませんでした。 やっと手にとるようになってその時代に触れていればと後悔、ポスト9/11の現在の自分にはリアリティーというか刺激が薄れてしまった印象です。 CNNが湾岸戦争を現地からレポートし、貿易センタービルが崩落するのをリアルタイムで観てしまえば、死と隣り合わせのヴェトナムでの進軍や戦友の描写は微妙に心に響きませんでした。 

それでも最後まで読んだのは詩的でアカデミックなオブライエンの文章と戦場で経験したものにしか描けない鋭い文章だったからでしょうか。
[PR]
by yesquire | 2007-08-29 22:56 | book