赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Bill Viola ビル・ヴィオラ 「はつゆめ」 現代アート

f0096206_2053408.gif
昨年より気になっていたんですが、Bill Viola(ビル・ヴィオラ)の本格的な個展「はつゆめ」は最終日に嫁さんと行ってきました。 年々展覧会の回数が減少している森美術館の先行きが心配になりますが、ビデオアーチストの個展をやるところは心憎いですね。 

アメリカの現代アートを広範囲に紹介し始めた90年代の初めから日本で彼の作品を観てきましたが、ビデオの技術(最初はVHSテープを流していたので美術館で全編見るのに時間がかかりました)の進歩と共に、Bill Viola作品の映像のキレ、表現方法や肉感も進化していると思います。 人を使った映像が多いのに「現実」を表現するだけでなく、詩的かつ哲学的なイメージを映像を通して鑑賞者に与えているアーチストです。

比較的日本で観る機会の多いアーチストなので会場は賑わっていましたが、ヒルズの駐車場を使うと無条件で割引券がもらたのでついでに来ている人も多かったような気がします。 と言うのもBill Violaの作品はほとんどがスローモーションで流されるため途中で飽きる傾向にあるからで、案の定最初の’The Crossing’という作品の周辺だけは人だかりでした。

ビデオ・インスタレーションは観賞する者の時間を拘束して独占的に表現を伝えることが可能です。 ただし見る側が興味を失えば途中で退席されてしまうので報われない分野かもしれません。 今後も様々な作品が日本で観れればいいですね。
[PR]
by yesquire | 2007-01-09 21:34 | art / fashion