赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アフリカ・リミックス 森アートギャラリー

モロッコ出身の写真家Yto Barrada(イト・バラダ)の写真が日本で見れるのでアフリカ・リミックスを六本木ヒルズに見に行きました。 アフリカの現代美術にまとめて触れる機会は少ないので、展覧会には満足しました。 特にフォークアートや宗教に関係のないインスタレーションや写真には感動。 色彩も豊かなものが多く、「前見たことあるね」なんて嫁さんと話ていた作品もありましたが、基本的には知らないアーチストが多かったです。

予算の関係でアジアやアフリカなどエマージング諸国の現代美術が多くなった森美術館、しかしおかげで展示作品は豊富でスペースの余裕が無いほどです。 ビデオ作品も多かったです。
f0096206_2149344.jpg
過去10年くらい大きな美術館は、彼らの大好きな「横並び」意識でピカソか印象派か有名美術館展でなるべく人を集めて関連グッズでも儲けてきました。 現代美術館も同じです。 特にコンテンポラリーと名前を付けているにも関わらず、とある美術館では平気で2、30年前の作品を平気で展示してきました。 美術品の値段が高い最近は、参加型のパブリックアートか、芸術とは言えないアニメやファッションなど知名度の高いものを比較的長期間に渡って見せることしかしません。 
いろいろ考えると、久しぶりのアフリカ現代美術の集大成(リミックス)もいいかなと。 カタログの最後に「戦後日本におけるアフリカ美術の受容」と題して過去のアフリカと名の付く展覧の歴史を記録してあるのは泣かせました。
 
[PR]
by yesquire | 2006-07-26 21:51 | art / fashion