赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アロマフレスカ Aroma Fresca 麻布十番

真っ当な東京イタリアンという印象を持ちました。 アロマフレスカ(Aroma Fresca)は広尾からひっそりと店舗を十番に移しCasaVINITALIAの奥で営業されています。 まず接客の態度が昔と同じように丁寧かつ楽しいです。 中庭のあるお店はエレガントで落着く作りになっています。

2つあるメニューから今回は定番のMenuアロマフレスカを選びました。 アミューズは小さな蒸したうなぎにキャビアのせ。 透明のお皿が爽やかでした。 嫁さんと「一品が小さいから余裕だね」と話していましたが後で後悔することに。 前菜は焼きタラバ蟹のサラダに続き穴子の蒸焼き。 穴子の柔らかい食感と絶妙のトマトソースに食が進みます。
f0096206_2119186.jpg

ワインはグラスに。 結局白と赤2杯づつ飲みましたがボトルにもいいワインがありました。 ウニの冷製スープに続いて、渡り蟹のパスタ、ジェノベーゼ風味のクリームソースのラビオリと続きます。 この渡り蟹のパスタも贅沢に蟹が使われて美味しかったです。
f0096206_21253883.jpg

ソルベで目覚めた私達が「そろそろお腹いっぱいだね」と話していたところにハマグリとアスパラを従えた魚のグリルが。 こんな大きなハマグリ食べたことない!と嫁さんも感動の一皿でした。 最後はビステッカというお肉のグリルですが、石皿にのったままサーブされ、それを大きなお皿にうつして4種類の薬味で楽しみます。 私は塩が一番美味しかった。 溜息のでるくらいのボリュームと味でした。
f0096206_21322322.jpg

店員の方も丁寧に料理を説明してくれますし、ワインのサーブも程よい時に気が付いてくれます。 なにより料理が出てくるタイミングもバッチリでした。 デザートは嫁さんがイチゴのスープバニラ添え、僕はマンゴープリンでした。 ハーブティーが10種類くらいあり、前と同じようにビスコッティがてんこ盛りでテーブルに置かれます。 週末の予定とか話したんですが、2人ともお腹一杯で思考停止。 結論が出ませんでした。
f0096206_21493157.jpg

至福の時間を過ごせて、予約が取りにくいレストランって事はすっかり忘却してましたが、それでも嫁さんは8月の予約を入れてました。

期待を裏切らないシンプルかつしっかりした東京イタリアン。 採点は満点の☆☆☆☆☆!
[PR]
by yesquire | 2006-05-14 21:59 | food