赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Broken Flowers ブロークンフラワーズ

日本の評論家がJim Jarmusch(ジム・ジャームッシュ)監督というだけで、大絶賛するであろう作品。 Bill Murray(ビル・マーレィ)主演で、小さな作品で、周りの共演も名前がある人達。 どこかで誰かがやっていた企画です。 

ジム・ジャームッシュは確かに昔の作品はすばらしかった。 映像と独特の「間」で勝負する名作を撮ってきましたが、最近は正直パッとしません。 ウディ・アレンはまだ脚本に光るものがあるので救われますが、最近の彼の作品は見るべきものが無い。 Jessica Lange(ジェシカ・ラング)ほどの女優が何でこのBroken Flowers ブロークンフラワーズに出ているのか不思議です。

ストーリーは、女性から「実は子供がいて...」という手紙が届いて、心当たりある女性に花を持って確認しに行くものです。 昔の女達が個性的なのは当たり前すぎて面白くありません。 一体誰の子供なのか?という疑問の答えも途中で分かってしまいます。

Crashやブロークバック・マウンテンなどを手がけたFocus Featuresというプロダクションが製作しているのですが、こういった「インディペンデント系」と言われる作品を手がけているとその内いくつかはハズレるものなのでしょうがないですね。

評価は☆★★★★。残念ですが、他にもいい映画たくさんあると思います。
[PR]
by yesquire | 2006-05-02 18:56 | movie / tv