赤坂在住の夫婦と娘と赤ちゃんによる日記と地元情報。 食事、映画、読書にアート、何でもありのブログです。 第二子誕生しました!


by yesquire
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『偽りをかさねて』 ジュディ・ピコー

カバーが原作とほとんど同じだったベテラン現代作家ジュディ・ピコーの『偽りをかさねて』は、漫画家とダンテ専門の教授夫妻とその娘の周辺に起こるショッキングな物語。 心に響く作品というよりは、事件が起きて葛藤、過去、関係や感情が大きく変化する推理小説のようでした。
f0096206_21212082.jpg
ある意味最後が気になる作品はアラスカ出身で過去を断ち切った在宅勤務の父と、生徒と不倫し家庭を省みない母を持つ娘がレイプされ自殺未遂を起こすことで始まります。 問題を抱え家庭はほぼ崩壊し、娘や妻の嘘をマンガにぶつけながら過去と対峙するのが主人公ですが、話がどんどん展開するのでその心理や感情を深く追っていく時間がありません。 アラスカへ逃亡した娘を追っていく後半は長く感じられたものの、殺人事件の真犯人と映画のようにあっという間に追いついた刑事の登場に驚かされた娯楽作品。 途中で挿入される神曲のマンガヴァージョンもちょっとわざとらしい気がしました。 
[PR]
by yesquire | 2009-01-12 21:25 | book